Pingの乱れ打ち@windows

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Pingを打ちまくりたい

NWエンジニアのはしくれなら、誰しも一度はそう思う時があると思います。

Expingなどのツールを入れるのもいいのですがちょっとめんどい。そんなときにはコマンドプロンプトでPingを乱れ打ちする術があるのです。

例えば 192.168.*.1 で *を0から255まで入れて打ちたい!なんてときはこう。

for /l %a in (0,1,255) do ping -w 1 -n 2 192.168.%a.1

これでOK。

【よくわかる解説】

%a には 0 から 1 ずつ増えて 255 に達します。その間、

ping -w 1 -n 2 192.168.%a.1

を実行する、というもの。

ちなみに -w 1 は Timeout 1秒、-n 2 は2回実行、という意味。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク