Windowsクライアントのコマンドプロンプトでtelnetを利用する方法

クライアントOSでもサーバOSでも、Windowsにはtelnetクライアントの機能がついています。ですが、デフォルトでは有効になっていないため、有効にする手順を示します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

windowsクライアントへのtelnetクライアントのインストール

まずは

コントロールパネル⇒プログラム⇒プログラムと機能

と辿り、「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。

次にTelnetクライアントのチェックボックスにチェックを入れOKを押下します。

閉じるを押下します

以上でコマンドプロンプトからtelnetが使えるようになります。サーバOSでも「役割と機能」の機能からインストール可能です。再起動は不要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク