MPLSの基本2 ラベル交換、LIBテーブル

ラベル交換の前に、各LSRは Address Message により、自分のインタフェースのIPアドレスの情報を送ります。 理由は前述しました

スポンサーリンク

Ciscoでこの結果を見るには、以下コマンドを使います。

# show mpls ldp neighbor

次に、各LSRは Label Mapping Message により、自分がローカルに割り当てたラベル(Local Label)をLDPピアに伝達します。

このLabel Mapping Messageにより受け取ったラベルをRemote Labelと言います。この情報を元に、各LSRはLIBを構成します。

CiscoでLIBを見るには、以下コマンドを使います。

# show mpls ldp bindings

FECは宛先NWアドレスやToS等の値、もしくはそれらの組合せであると前述しましたが、 RFC3036 (3.4.1. FEC TLV) で記されているFECの種類は、 Prefix(宛先NWアドレス)とHost Addressの2種類のみです。

また、ラベル領域は20bitであることから分かる通り、利用できるラベルは[0 – 2^20]ですが、LDPで通常のFECで 利用できるラベル番号は16からになります。

スポンサーリンク

0 – 15は以下のように割り当てられています。

0: IPv4 Explicit Null Label
1: Router Alert Label
2: IPv6 Explicit Null Label
3: Implicit Null Label
4 – 15: Reserved

図のR1において、直結NWには、Label 3(Implicit Null Label) が使われています。これは PHP(Penultimate Hop Poppoing)と呼ばれる仕組みです。詳細は後ほど説明します。

例として、R1のLIBを見てみます。

FEC (Prefix)
Local/Remote
Label
LSR (LDP ID)
10.1.1.0/24 Local 3
Remote 17 2.2.2.2:0
Remote 20 3.3.3.3:0
10.1.2.0/24 Local 22
Remote 20 2.2.2.2:0
Remote 22 3.3.3.3:0
172.16.1.0/24 Local 3
Remote 3 2.2.2.2:0
Remote 17 3.3.3.3:0
172.16.2.0/24 Local 3
Remote 18 2.2.2.2:0
Remote 3 3.3.3.3:0
172.16.3.0/24 Local 17
Remote 3 2.2.2.2:0
Remote 3 3.3.3.3:0
172.16.4.0/24 Local 18
Remote 3 2.2.2.2:0
Remote 18 3.3.3.3:0
1.1.1.1/32 Local 3
Remote 16 2.2.2.2:0
Remote 19 3.3.3.3:0
2.2.2.2/32 Local 16
Remote 3 2.2.2.2:0
Remote 16 3.3.3.3:0
3.3.3.3/32 Local 19
Remote 22 2.2.2.2:0
Remote 3 3.3.3.3:0
4.4.4.4/32 Local 21
Remote 19 2.2.2.2:0
Remote 21 3.3.3.3:0
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク