MPLS-VPN(MP-BGPでのAFI/SAFIやRoute-Targetの伝搬)の仕組み

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MP-BGPとは

BGPでは伝達できるルート情報はIPv4 unicastのみでしたが、MP-BGP(MultiProtocol-BGP)では、 IPv4 unicast以外の色々なプロトコルのアドレスが伝達できるように拡張されました。

MP-BGPは、BGPと異なるプロトコルを作るのではなく、BGPのPath Attributeを増やすことで実現しました。そのため下位互換性があります。

RFC2283では新たなPath Attribute Type 14Type 15が定義されました。

Multiprotocol Reachable NLRI (Type14)

Path Attribute Type 14

形式:[Address Family Information, Next Hop Information, NLRI]

Multiprotocol Unreachable NLRI (Type 15)

Path Attribute Type 15

形式:[Address Family Information, Unfeasible Routes Length, Withdrawn Routes]

スポンサーリンク

Address Familyとは、RFC2453とRFC2858によりIANAで規定された、プロトコルとAFIの対応付けのことです。

http://www.iana.org/assignments/address-family-numbers/address-family-numbers.xhtml

Address Family Information[AFI, SAFI(Sub-AFI)]で構成さます。

AFIとは、Address Family Identifierの略で、伝達するプロトコルのアドレスを識別する情報のことです。

AFI = 1 ⇒ IPv4
AFI = 2 ⇒ IPv6

SAFI(Sub-AFI)とは、AFIで識別されたプロトコルの詳細識別のことです。

http://www.iana.org/assignments/safi-namespace

Sub-AFI = 1 (SAFI=1) ⇒ Unicast
Sub-AFI = 2 (SAFI=2) ⇒ Multicast
Sub-AFI = 4 (SAFI=4) ⇒ NLRI with MPLS Labels
Sub-AFI = 128 (SAFI=128) ⇒ MPLS-labeled VPN address

また、RFC4360ではさらにPath Attribute Type 16が定義されました。

スポンサーリンク

Extended Communities (type 16)

Path Attribute Type 16

形式:[Type high, Type low, Value]

Route-Targetの場合、Type high=Ox00, Type low=Ox02となります。

その他のExtended Communitiesの使われ方として、OSPFをMP-BGPへ再配布する際にドメインID等の情報を送ることができます。ドメインIDが対向ルータのOSPFプロセスと一致した場合、スーパーバックボーンを組むことができます。これについては後述します

MPLS-VPNの概要で示した構成でMP-BGPの流れを説明すると、下記のようになります。

PE1とPE2は通常、同じASでBGPピアを組みますが、例外的にNextHopが自身の送信元IPになります

Next Hopが0:0:1.1.1.1と0:0というRDが付いていますがこれはMP-BGPの仕様で、『NextHopの形式は AFIで示したものと揃えなければならない』という制約のためです。

上記の詳細はRFC3107, RFC4364を参照下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク