LSAの概要

OSPFv2において、一般的に使われるLSAの種類(Type)は6種類あります。

概要は以下の表を参照して下さい。

LSA Type1とType2

そのエリア内の詳細地図とSPFによるコスト計算を行います。

LSA Type3

ABRが他エリアのルート情報をコストと共に伝えます。また、Stub系エリアにおいては 外部ルート(Totally Stub/Totally NSSAの場合はエリア外ルート)を受け入れない代わりに、 ABRがLSA Type3でデフォルトルートを生成します。

LSA Type4

LSA Type5とセットで利用されます。LSA Type5を生成したASBRのルータIDと、そのASBRまでの コスト情報を持っています。LSA Type4は、LSA Type1の中でASBRフラグ(E bit)が立っているものを流用して作られます。

LSA Type5

ASBRがOSPF外のルート情報をコストと共に伝えます。ただし、コストは再配布時の デフォルトコストが設定されますが、ルータを経る毎にコストを足していくことはしません。

External Type2の場合はこのデフォルトコストが採用されますが、 External Type1の場合は エリア内であればASBRフラグの立っているLSA Type1が、エリア外であればLSA Type4が、 それぞれ伝達するASBRまでのコスト情報(ルータを経る毎にコストが追加される)を持っているため、 そのコスト値と、LSA Type5で持っているデフォルトコストを足し算します。

LSA Type7

はNSSA(Not-so-stub-Area)内でOSPF外のルート情報を伝えるためのLSAです。

Stubエリアのようにルート情報を少なくしたいが、OSPF外の外部ルート情報も生成したい場合、 NSSAというエリアに設定します。

このLSA Type7は、ABRにおいてLSA Type5へ変換されます。また、当然ですが、このコスト計算に 必要なLSA Type4もABRで生成されます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

LSAのフォーマット

LSAヘッダは、Type1~5,7の全てのLSAタイプで共通です。 DBDパケットとLSAackパケットの中ではLSAのサマリ情報として使用されます。LSAヘッダのフォーマットを以下に示します。

Age

そのLSAが生成されてから現在までの時間(単位:秒)です。LSDBにいる間1秒につき1が加算されます。 また、LSAが他のルータへ送られる際、”InfTransDelay”の設定値の分だけ加算されます。

Options

詳細はこちらに記載します

LSA Type

その名の通り、LSA Typeを表します。今回はType1(Router LSA)です。 Type1はルータそのものを表現します。

Link State ID

LSA Typeによって意味合いが変わります。例えばLSA Type1においては そのLSAを生成したルータのルータIDが入ります。

Advertising Router

そのLSAを生成したルータのルータIDが入ります。

Sequence Number

新しいLSAインスタンスが生成されるたびに1ずつ増え、全てのルータが 最新のLSAインスタンスを識別できるようにします。

Checksum

Fletcherチェックサムを利用しており、Age以外の部分のbitエラーが無いかを確認します。

Length

ヘッダ長を含めたLSA全体の長さ(単位:オクテット)を表します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク