LSA Type1(Router LSA)

OSPFv2において使われるLSA Type1(Router LSA)のフォーマットを以下に示します。

最初の5行(160bit=20Byte)は全てのLSA Typeで共通のLSAヘッダです。

Link State ID

LSA Type1においてはそのLSAを生成したルータのルータIDが入ります。

続いて、6行目以降のLSA Type1固有領域についてです。

“V”フラグ

Virtual LinkのEndpointの場合、1がセットされます。

“E”フラグ

外部ルートをOSPFへ再配送するルータ(ASBR)の場合、1がセットされます。

“B”フラグ

エリアの境界ルータ(ABR)の場合、1がセットされます。

Number of Links

リンクの数です。基本的にはそのルータのインタフェース1つにつき1Linkとなります。 例外的に、IPアドレスを固有に振っているSerialインタフェース(Unnumberedでは無いSerialインタフェース) は2つにカウントされます。また、Virtual Linkも1つにカウントされます。

Link IDおよびLink Data

Link Typeによって意味合いが異なります。Link Typeも含めて下記の表にまとめます。

Number of ToS

通常は0です。これはRFC2328で定義された、ToSの値によってリンクコストを変える (つまりToSの値によってルートを変える)仕組みを使う場合に0以外の値になります。

メトリック

OSPFの計算に使われるコストのことです。この値はLSAの伝播によって変化することはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ToSベースCostについて

それ以降のグレーアウトしている部分は、ToSの値と、その値のときに使われるコストを表し、Number of ToSの 数だけ繰り返されます。Number of ToSが0の場合はこのフィールドはありません。

Link IDからメトリック(場合によってはToSメトリック)までの部分が、Number of Linksの数だけ繰り返されます。

下記の構成で、Link ID、Link Dataの具体例を示します。

R5とR3のシリアルインタフェースでのリンクはリンクが2つになっており、1つはリンクタイプがpoint-to-pointですが、 もう1つはリンクタイプがstubになっています。このようにtransitのトポロジであってもstubとして扱われます。

Router LSAは詳細地図に必要な情報のほとんどを保有しています(ノードのトポロジ情報、コスト情報、stubのネットワークアドレス情報)。 持っていない情報はLSA Type2が保有するマルチアクセス環境での擬似ノード(ネットワークアドレスを表現)とその擬似ノードに接続しているルータの情報です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク