LSA Type5(AS External LSA)

OSPFv2において使われるLSA Type5(AS External LSA)のフォーマットを以下に示します。

LSAヘッダのLink State ID

再配送する外部ルートのNWアドレスが入ります。

Network Mask

Link State IDのNWアドレスのサブネットマスクを表現します。

“E”フラグ

外部ルートのメトリックタイプを示します。 0の場合はメトリックタイプ1(E1)となり、1の場合はメトリックタイプ2(E2)となります。

メトリック

その外部ルートまでのメトリック(コスト)が入ります。前述の通り、このメトリックはどのルータに伝達されても変化しません。ルーティングテーブルに入るタイミングであれば変化させることが できます。その場合はメトリックタイプ1を設定しますが、 それでもやはりLSA Type5のメトリック値は変わらず、(エリア内の場合は)LSA Type1もしくは(エリア外の場合は) LSA Type4の情報と合わせてコスト計算します。詳細はLSA Type4の説明を参照下さい

ToSとToSメトリック

LSA Type1と同様です。

Forwarding Address

その外部ルートへの転送先を表します。通常は0.0.0.0となり、 この場合はASBRを転送先として置き換えます。そして転送先への ルート情報を再帰的に見て行き、ルーティングテーブルに載る際にはConnectedのNWのNextHopに変換されます。

0.0.0.0以外になる場合は例えば以下のときです。

R1はOSPFには参加していないが、RIPv2を動作しており、R2はRIPv2とOSPFの両方に参加、R3はOSPFのみに参加している 場合を考えます。

R1のLoopback 0 のインタフェースのNWアドレス「1.1.1.0/24」がRIP経由でR2の再配送でR3に外部ルートとして 伝達されます。このとき、R2はルーティング情報として1.1.1.0/24のNextHopが10.0.123.1であることを意識し、 R3へ伝える際にForwarding Addressを10.0.123.1にセットします。

そしてルーティングテーブルのNextHopにはこの10.0.123.1が入ります。

External Route Tag

再配送する際にタグを付けて管理をすることができます。

例えば、以下のようなRIPとOSPFの再配送を考えます。R4がR3よりも先にR2から1.1.1.0/24の 情報を受け取ったとします。するとR4はR3へAD値110で1.1.1.0/24を伝えます。

R3ではAD値に従ってRIPよりOSPFのルートを優先しますので、OSPFからRIPへの再配送でR1に NextHop=R3で1.1.1.0/24のルート情報を送ります。

これによりR3⇒R4⇒R2⇒R1⇒R3のループが生成されます。仮にR4がR2よりも先にR3から1.1.1.0/24の情報を受け取った場合は逆向きのループが生成されます

ループを防ぐため、RIPからOSPFに再配送する際にExternal Route Tagに値をセットします。

R2でtag=2をセットし、R3でtag=3をセットします。また、R2ではtag=3のルートを受信拒否、 R3ではtag=2のルートを受信拒否します。

このように、タグで簡単にループを回避できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク