LSA Type7(NSSA External LSA)

OSPFv2において使われるLSA Type7(NSSA External LSA)のフォーマットを以下に示します。 LSA Type5と同じフォーマットになります。

意味合いが異なるフィールドはForwarding Addressのみで、他のフィールドはType5と同一になります。

Forwarding Addressには、再配布するASBRの中でOSPFが有効になっているインタフェースのIPアドレスが入ります。

OSPFが有効になっているLoopbackアドレスがあれば、それが優先され、複数ある場合は一番高いIPアドレスが優先されます。 例えば以下の構成の場合、R3のLoopback0インタフェースのIPアドレスがセットされます。

もしLoopbackアドレスでOSPFが有効になっていない場合は、例えルータIDになっていてもそれは採用されず、 10.0.35.3がセットされます。

このType7はArea0に入るタイミングでType5に変換されます。先ほどの構成例の場合、R1のType5は下記のようになります。

ここでR3のLoopbackアドレスをArea23からArea0で止めることを考えます。Ciscoの場合はR2で「filter-list」や 「area 23 3.3.3.0 255.255.255.0 not-advertise」を設定して止めます。するとR1では、ルーティングテーブルから 3.3.3.0/24だけでなく、4.4.4.0/24も消えてしまいます。4.4.4.0/24のLSA type5がLSDBにあるにも関わらずです。

これはForwarding Addressがあるのに、そのForwarding Addressまでのルート情報が無いためです。 この場合は、Forwarding Addressを0.0.0.0にする必要があります。そうすることにより、前の記事の通り、ルートが伝わってきたR2をNextHopとしてセットします。

Ciscoの場合はR2で以下コマンドを打ちます。

area 23 nssa translate type7 suppress-fa

これにより、R2でType7からType5へ変換する際に Forwarding Addressを3.3.3.3から0.0.0.0へ変換することができ、R1のルーティングテーブルに、 3.3.3.0/24だけを消し、4.4.4.0/24を載せることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク