LSRパケット

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LSRパケットのフォーマット

OSPFv2において使われるLink State Request(LSR)パケットのフォーマットを以下に示します。

最初の6行(192bit=24Byte)は全てのLSA Typeで共通のOSPFパケットヘッダです。

7行目以降を見ていきます。以下3つのフィールドが1つのLSAを表しており、該当するLSAを要求します。

Link State Type

LSA typeを示します。LSA Type1(Router LSA)であれば1が入ります。詳細はこちらをご参照ください

Link State ID

Link State IDはLSA Typeによって意味合いがことなりますが、ルータIDやIPアドレス、NWアドレスが入ります。 詳細はLSA1などをご参照ください。

Advertising Router

そのLSAを生成したルータのルータIDが入ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク