パケットおよびLSAのオプション

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LSAオプション

OSPFv2のオプションフィールドはOSPFパケットとOSPF LSAの両方で共通で、以下のフォーマットとなっています。

DN

Down bitと呼ばれるものです。これはMPLS網を経由してMP-BGPでOSPFルートを再配布する際、 ループが発生する可能性があるため、それを回避するためのビットです。具体例は以下の通りです。

O

生成ルータがType9~11のOpaque LSAをサポートしていることを示すbitです。 ちなみに、Opaque LSAはOSPFに、ベンダが自由にアプリケーションに関する情報を載せられるように用意された 拡張フィールドで、1998年にRFC2370で定められ、2008年のRFC 5250で改定されました。 しかし実装例は私は聞いたことがありません。

DC

生成ルータが Demand Circuit をサポートしていることを示すbitです。 Demand Circuitとは、1995年にRFC1793で定められた、従量課金等の回線で利用される機能です。 バックアップ回線としてINS回線を利用する構成の場合、常時パケットを出すと課金されてしまうため、 トポロジ変化検出時など必要なタイミングでのみでパケットを出すことができます。

EA

生成ルータがType8の External attribute LSA をサポートしていることを示すbitです。 これはBGPパス情報をOSPFを経由して運ぶ方法です。

N/P

NはHelloパケット内のみで利用されるものです。Nビットが1の場合、そのルータはNSSAをサポートしていることを示します。 PはType7(NSSA External LSA)のヘッダ内のみで利用されるものです。

Pビットが1の場合、NSSAの境界ルータ(ABR)は Type7をType5に変換してArea0へ情報を伝達します

MC

生成ルータが Type6(MOSPF) をサポートしていることを示すbitです。 MOPSFはマルチキャストルーティング情報をOSPFで伝達するための仕組みとして考えられましたが、 今ではほとんど利用されることはありません。

E

生成ルータが Type5(AS External) を許容することを示します。 stubエリア、totally stubエリア、NSSA、totally NSSAでない限り、このビットは1になります。

MT

生成ルータが マルチトポロジOSPF(MT-OSPF) をサポートしていることを示します。 MT-OSPFとは、ToSの値によってコストを変化させ、ToSの値ごとに異なるトポロジ(最短パス)を 構成するもので、ToSによって経路を変えることで負荷分散を行うものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク