ルータとL3スイッチの違い / メリット・デメリット

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ルータとL3スイッチの違い

ルータはソフトウェア処理、スイッチはハードウェア処理(ASIC処理)、と言っていたのはもう昔の話です。現在はどちらも高速なASIC処理を行うのが一般的です。ではこの2つの違いは何でしょうか?

単純に言うとルータはWANに関する機能が多くL3スイッチはポート収容の密度が高いです。ルータはWAN側に配置するのに適しており(回線の収容数は一般に少ないためポート数は少なくてよい)、L3スイッチはLAN側に配置するのに適しています(クライアント数は一般に多いため、ポート数が多いほうがよい)。

それぞれのメリット・デメリット

ルータにはWANで必要になりやすい「NAT」や「PPPoE」「IPsec」「GRE」「IPIP」等の機能があります。FWで使われるステートフル・インスペクションのACLが使えるものや、(日本ではもうほとんどありませんが)ISDNやATM等のEthernet以外のインタフェースを持っているものもあります。しかしインタフェース数はせいぜい10ポート程度、しかもそのうちいくつかはL2としてしか機能しないものが多いです。

一方L3スイッチはそういった機能は搭載していないことがほとんどで、その分、Ethernetポートが24ポートや48ポートなど多く持っています

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク