【図解】初心者にも分かるWebメールの仕組み

最近ではOutlook.comやGmail、Yahoo Mail、iCloud等のクラウドメールが一般的です。メールソフトを使うこともできますが、メールソフトに頼らずとも、Webブラウザ(https通信)のみでもメール送受信が可能です。このような環境をWebメールと呼びます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Webメールのメール送信フロー

Webメールでメールを送信する際には、下図のようなフローになります。

1. ブラウザからWebメールサーバへログイン

まずIE等のブラウザでWebメールサーバへアクセスします。通常、ログイン画面が表示されますので、 ここでID/パスワードを入力し、「ログイン」ボタン等を押します。

2. Webメールサーバから認証サーバへ問い合わせ

Webメールサーバは認証サーバにID/パスワードが正しいかどうかを確認します。

3. ブラウザからメール新規作成

ID/パスワードが正しければ、TOPページからリンクを辿り、メール作成画面に到達できます。メール作成画面でメールを新規作成し、送信ボタン等を押します。

4. WebメールサーバからSMTP中継サーバへメール送信

WebメールサーバはSMTP中継サーバにメールを送信します。

5. SMTP中継サーバから宛先メールアドレスのメールサーバへメール送信

メールを受信したSMTP中継サーバは、前述したメール送信の仕組みと同様に、 DNSで宛先メールアドレスのメールサーバのIPアドレスを確認し、SMTPでメールを送信します。

スポンサーリンク

Webメールのメール受信フロー

Webメールでメールを受信する際には、下図のようなフローになります。

1 – 2の流れは送信のときと同じです。

3.WebメールサーバからIMAPサーバへメールデータ取得

ID/パスワードが正しいことが確認されたら、WebメールサーバはIMAPサーバからメールのIndexリストを受信します。必要に応じて、メールデータ本体も取得します。

4. ブラウザからメールデータ確認

Web画面でメールのIndexリストを確認します。内容を確認したいメールがあった場合は、対象メールをクリックする等により、 IMAPサーバからメールデータ本体を受け取ることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク