動的Global IP 1個(動的IP1)の使い方

プロバイダから動的Global IP 1個を払い出される場合は、PPPもしくはPPPoEの端末型払い出しが使われます。 具体的には、IPCPによって端末(PCもしくはルータ等のNW機器)の接続インタフェースに/32のGlobal IPアドレスが振られます。

PPPもしくはPPPoEではWANに/32のIPを払い出すことができるため、Global IPを効率的に利用することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

NAPTによるインターネットアクセス

動的Global IPを1個払い出された場合、PATを使って複数の端末がインターネットアクセスできることができます。

Static NATによるサーバのインターネット公開

最近のブロードバンドルータでは、ISPによって動的に払い出されるグローバルIPを、あらかじめ決めたプライベートIPに変換する機能がついていることが多いです。これを使えば(時間によってアクセスすべきグローバルIPが変わるので、毎回確認は必要ですが)インターネットにサーバ等を公開することができます。

しかし毎回確認するのが大変であれば、動的DNS(Dynamic DNS)サービスを使います。

スポンサーリンク

動的DNSサービスを使ったサーバのインターネット公開

最近ではieServer.netなどの動的DNSサービスが増え、 自宅でサーバを立て、インターネット公開する人が増えてきました。

動的DNSサービスとは、そのサービス提供者が保有しているドメイン内のURLを、任意の利用者の動的Global IPと紐付ける、インターネット上のサービスです。

例えばieServer.netでは「dip.jp」等のドメインを保有しており、動的DNSを利用したい人が ieServer.net にアカウント(IDパスワード)および「example.dip.jp」等といったURLを登録し、 動的Global IPでそのサイトへアクセスし、IDパスワードによる認証を行うことで、その時点での動的Global IPを example.dip.jpの名前解決アドレスに設定してもらうことができます。

なお、グローバルIPの更新作業は、ものによっては自動化することができます。例えば、DiCEというツールを入れて正しく設定し、PCを立ち上げっぱなしにすれば実現できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク