L2機器の種類 〜スイッチとハブの違い、インテリジェントとスマートの違い、等〜

レイヤー2のNW機器として、世には色々なものが出回っていますが、”インテリジェントスイッチ”, “スマートスイッチ”, “スイッチングハブ”, “バカハブ”など様々な呼び名のものがあります。きちんとした定義ではありませんが、それぞれの 大体の意味合いは以下の通りです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バカハブ

MACアドレステーブルを持たず、入ってきたEthernetフレームを全てフラッディングします。現在ではおそらく売られていない性質のもの。 機器本体にMACアドレスやIPアドレスは持ちません。

スイッチングハブ

MACアドレステーブルにより、端末のMACアドレスと送り先ポートの対応付けを学習することができ、学習されたMACアドレス宛の Ethernetフレームであれば、対応付けされたポートのみからイーサフレームを転送します。
機器本体にMACアドレスやIPアドレスは持ちません。

スマートスイッチ

スイッチングハブ機能に加え、VLANと呼ばれる機能により、ブロードキャストドメインを分割でき、また、IEEE802.1q等のタグVLAN 等の機能を利用できます。 機器本体にMACアドレスやIPアドレスを持ち、それゆえsnmpやsyslog、ntp等を使うことができ、また、telnetやssh、http(s)で管理コンソールにログインすることもできる。

インテリジェントスイッチ

スマートスイッチの機能に加え、WEB認証/MACアドレス認証/IEEE802.1x認証のユーザ認証機能等のセキュリティや管理を強化したスイッチ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク