オートネゴシエーションに失敗してリンクダウンする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

症状

100Mbpsと1Gbpsの接続でオートネゴシエーションに失敗し、すぐにリンクダウンする

原因

おそらく1G側のインタフェースが、10/100/1000BASE-Tではなく、1000BASE-Tのみであるためだと思われます。

原因詳細

SFPスロットに1000BASE-TのSFPモジュールを追加する場合、そのモジュールが10/100BASE-TXには対応していないケースがあります。

また、SFP+スロット10/100/1000BASE-T対応と明記されているモジュールを追加する場合であっても、スロット側で10/100BASE-TXには対応していないケースがあります。(例えばAlaxalaではそうなっている)

このようなケースではAuto-Negotiationに失敗し、リンクアップしません。

対策

  • 同じスイッチに10/100/1000のポートが空いてるならそのポートを利用、空いておらずかつそのリンクが1Gbpsなら、差し替えを検討
  • 間に10/100/1000BASE-T対応のスイッチを噛ませる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク