xfsaild 関連のエラーについて

スポンサーリンク
スポンサーリンク

xfsaild とは

xfsaild とは XFS Active Item List Daemon の略です。

XFSは、ext3 や ext4 と同じく、ジャーナリングファイルシステムですが、そのジャーナルログは一時的にメインメモリの log buffer に格納され、最終的にはディスクに書き込まれます。

メインメモリの log buffer に存在し、まだディスクに書き込まれていないログの状態を “Active” と呼び、メモリ上の”Active Item List” というリストに格納されます。

この “Active Item List” の管理を司るプロセスが、xfsaild です。

参考URL

https://www.kernel.org/doc/Documentation/filesystems/xfs-delayed-logging-design.txt

blocked のログ

xfsaild関連のエラーでよく見るのが、以下のようなログです。

INFO: task xfsaild/dm-0:415 blocked for more than 120 seconds.

これはディスク負荷などの理由で、xfsaildが120秒以上ディスクアクセスが出来なかったことを報告するログです。影響はまちまちですが、Call Trace に発展するケースもままあります。

Call Trace については以下を参照して下さい。

Call Traceとは
Call Traceとは
Call Traceとは、Linux Kernelの呼び出した関数のスタ...

スポンサーリンク

xfsaild のスレッドが D state のまま

負荷が高すぎたりディスク障害となると、場合によってはpsの結果が以下のようになります。

root 1755 0.0 0.0 0 0 ? D Nov19 9:46 [xfsaild/dm-2]
root 1767 0.0 0.0 0 0 ? D Nov19 9:44 [xfsaild/dm-1]
root 1770 0.0 0.0 0 0 ? D Nov19 9:57 [xfsaild/dm-3]
root 1773 0.0 0.0 0 0 ? D Nov16 9:59 [xfsaild/dm-0]

D State とは、一般的なLinuxのプロセス状態の1つで、”TASK_UNINTERRUPTIBLE”を意味します。

プロセスやスレッドがsleepモードに入っており、非同期シグナルプロセスに応答しない状態です。つまり、kill -9でもプロセスを停止できません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク