【SE体験記】SEへの転職は条件次第ではやめとけ

SEへの転職は条件次第ではやめとけ、という話。

SEは大変な職種だとは言われていますが、正直このご時世、甘い職種なんてなかなか見つかりません。そのような仕事につくなど、宝くじを当てるようなものです。

それでもSEを目指す価値があるかと言うと、個人的にはあると思います。その一番の理由は、『実力を付ければ給料の伸びしろがある』と感じるからです。特に、世渡りが上手じゃない人が、地に足付けて『知識・技術・経験』を伸ばし、転職によるステップアップも可能です。

手に職付ける』というのは自身の職の安定性を意味します。人手不足の業界で手に職付ければもう困ることはないでしょう。そういう意味では『介護職』といった選択肢もありますが、介護職は給与面で不遇だと言われています。

また、『薬剤師』というのも資格さえ手に入れれば安定・高収入とも言われています。ただし、資格を手に入れるまでが大変です。

SEはどうかというと、平均的にはそこそこかもしれませんが、仕事の中でスキルを付けられるし、会社によっては資格取得を支援・奨励してくれますので、そういう会社を選べばステップアップしやすい環境が手に入ります。

苦労の仕方によっては、あなたの価値向上に直結する、という話。

私自身、10数年SEとして過ごし、辛い思いもしたことはあります。

自身のミスによる苦労もありますが、保守運用フェーズから参画した案件が最初から炎上していたこと、上司の不適切な指示によりトラブル対応したこと、フォローに入ったはずなのにフォローしてた人が先に抜けて自身が炎上最前線に立たされたこと、前任の部長が許可したどう考えても納期遵守をマネジメント出来ない状態の案件を構築から引継ぎ、一本道を無理やり通ってトラブルなく終了させたのにPJ完了報告時に『たまたま上手く行ったでしょ?マネジメントが出来てないんじゃねーの?』という能無し部長の対応をしたこともあります。

ですが幸いなことに、これらの経験が確実に成長に繋がっていて(ただし最後のバカ対応は除く)、今の自分を為しているのだなとしみじみ感じます。

こと技術に関する知識については、トラブルから学ぶことが断然多いし定着しやすかったです。

振り返ってみて特に良かったと思うのは、冒頭の『保守運用から入った案件が最初からトラブっていた』という話。

システムというのは例外なく、人が保守運用するものです。

そして私の10数年での結論じみたものですが、『システムはどういう運用がなされるか分からなければどう設計構築すれば良いか分からないし、どういう設計構築が為されるべきか分からなければどう提案すれば良いか分からない』のです。

だからこそ、まずは保守運用をこなすことが大事ですし、そこからスタートすることが技術力の基礎を築き上げ、提案から保守運用までこなせる貴重なSEとなれるのです。

それはあなたの価値向上であり、今後のステップアップにも繋がります。

こんな転職ならやめてしまえ

ビジネスの基本は『如何にものごとに付加価値を与えるか』です。SEの付加価値は『技術力』であり、それが自分の給料の基準です。

戦後における『管理職が効率化を行い、問題を起きないように管理する』という体制は、大量生産・大量消費の時代には適した仕組みでした。しかし今の時代には適合しないように感じます。

例えば、管理職が管理しきれないほどに管理項目が増えています。何をするにもなにか文句を言う人間がおります。その人の主張が万が一実現してしまったら責任問題となるので、可能性が低くてもその対応は考慮せざるを得ない。管理項目に漏れがないかをチェックシートでチェック。観点が多すぎて、次にはチェックシートが揃ってるかをチェックするシートまで出てきそうな勢いです。そして他の仕事に追われて形骸化し、漏れの責任は管理職へ。でも責任をとったところで会社の損害は回収できません。

思うに、管理職による管理は限界に来てるのではないでしょうか。50代になっても管理しかできない人間は今後、会社のお荷物になるものと思っています。今後は会社の本業の実務ができ、自己管理できる人が切に求められるでしょう。

なのでSEへの転職における肝は(あなたが40,50代でなければ)絶対に『技術力を付けられるかどうか』であるべきです。間違っても、給料に釣られてルーチン作業員になってはいけません。その時は良いかもしれませんが、あなたが50代になったとき、どんな境遇になるかはお分かりでしょう。ここで技術をつけておけば、最低限情報システムの弱い会社の社内SEとしてやっていくこともできるでしょう。

私が最初にこの業界に入ったときは知識0の状態でしたが、仕事の中で色々と学び、8年くらいで本サイトを作れるくらいの実力を付けました。想像してみて下さい。あなたが現在から8年後くらいに年収が800万円を超えているとしたら。。。

もちろん私はあなたではないのでどう感じるかは分かりませんが、もしあなたが『自身の環境を変化させたい』と思っているのであれば何かしら行動をしてみて下さい。できれば今日中に。本気で思ったなら言葉に出す前にその行動はすでに終わってるのです。

一人で部屋で何かサイトを作るのでも良いでしょう。ですが、個人的には外に出て人と触れる行動することをお勧めします。例えあなたがコミュニケーションが得意でなくても。

私の人生を振り返ると、私自身も人とのコミュニケーションが得意ではありませんでしたが、何か大きな目標を持って行動すると、その行動自体の意図・目的は達成できなくても、その行動によって別の形で大きな目標に近づく、というのを何度か体験しています。昔からある、とても有名な自己啓発書籍のタイトルから言葉を借りると、あなたの『思考は現実化する』のです(この本は私の人生を変えたと言っても過言では無いです)。

不満を持ち続けると不満なことばかりが現実に起きてしまいます。そうなると悪循環にはまります。そこから脱出し、良いサイクルに回すには『思考の転換』が必要です。

もしあなたが現状に不満を持っているなら、まずは何でも良いのですぐにでも第一歩を踏み出して見てはいかがでしょうか。

フリーターや既卒からの転職で失敗しないために

フリーターや既卒専用の転職エージェントもあります。転職先の様子が全く分からないまま進めるよりも、こういったところから色々と話を聞くほうが失敗しないでしょう。

【第二新卒エージェントneo】

アフィリエイトで有名なサイトがアプリ開発エンジニアを募集!

最近では副業を許可する会社も増えてきました。今後もそういう動きは増えるでしょう。

こういう会社に入り、副業のノウハウを手に入れるのも良い手段です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする