Ethernet OAMとは

OAMとは

OAMとは Operations, Administration, Maintenance の略で、Ethernet OAM というのはEthernet の運用管理ツールと考えればよいでしょう。

もともとのモチベーションは「Ethernetのキャリアサービスの普及に向け、キャリアがEthernet網を管理しやすくする」ためでしたが、社内NW等にも適用可能です。このEthernet OAMの策定はIEEE、ITU-T、MEFがそれぞれ規格を策定し始めました。最終的には以下の3つが規格化されています。

  1. EFM OAM (IEEE802.3ah)
  2. CFM (IEEE802.1ag / ITU-T Y.1731 等)
  3. E-LMI (MEF 16)

EFM OAM、CFM、E-LMIのそれぞれの守備範囲の例を下記に示します。

EFM OAMとは

EFM OAMは主に直結したL2機器間の状態を管理・監視します。Link Fault Managementとも言います。有名なものとして UDLD(UniDirectional Link Detection)があります。(正確には、UDLDの機能実現の実装としてEthernet OAMのプロトコルを使っているものがある、ということですが。)

IEEE802.3ahは、別名EFM(Ethernet in First Mile)とも呼ばれる、Ethernetキャリアサービス普及に向けた規格群です。IEEE802.3ahではFTTHで使われる光ファイバ規格なども定められており、OAM機能もIEEE802.3ah内の規格の1つです。

CFMとは

CFMもL2接続を管理・監視するのですが、間にL2機器が複数台ある状態でのL2接続を管理・監視しますConnectivity Fault Managementとも言います。有名なものとしてL2ping、L2tracerouteがあります。(この名前は規格化されていませんが、CFMの機能を使い、上記名称のツールが存在します。)

CFMはIEEE802.1とITU-T/MEFが個別に同じような機能を策定していきました。最終的には足並みを揃えて策定したところもあり、IEEE802.1agとITU-T Y.1731はかなり似通っています。主な相違点としては、用語がいくつか異なることと、Y.1731には性能評価(パフォーマンス測定)ができるツールがあることです。

E-LMIとは

E-LMIはフレームリレーのLMIの概念や役割を引き継いでいます。CFMと相互運用することを想定し、L2サービスプロバイダーが、顧客スイッチ(CE-SW:Customer Edge Switch)の状態を監視し、CFMに必要となる設定を自動で送ることができます

なので、顧客はSWに設定1行を入れれば、あとはサービスプロバイダーからCFMの設定情報が自動で払い出されるため、CFMのコマンドによるツールが簡単に使えるようになります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする