【図解/OSPF】エリアの分断/重複について

OSPFではループ回避のために、エリア0は、他のエリアからのLSA Type3を受信しません。このため、エリア0が分断される(重複している)とルーティング上で問題が発生します。具体的には、離れているArea0のルート情報が入ってきません

そのため、このようなケースでもVirtual Linkが有効です。

ちなみに、Area 0 以外のルートが分断されても(Area 0 を跨いで重複しても)特に問題は発生しません。LSA Type3はArea 0 からはどのAreaにも行けるためです。Area の番号は、0かそれ以外かだけを押さえていればよい、ということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする