【図解/OSPF】ループ防止、エリアの分断/重複について

エリア内のループ

OSPF ではエリア内では全ルータが共通した詳細地図を持ちますのでループのしどころがありません。瞬間的に各ルータのルーティングテーブルの不整合により発生する可能性はありますが、不整合はすぐ直されますので RIP のように長く影響することはまずありません。

エリア間のループ

OSPF ではエリア間のループ回避のために、エリア0は、他のエリアからの LSA Type3 を受信しません。このため、エリア0が分断される(重複している)とルーティング上で問題が発生します。具体的には、離れている Area 0 のルート情報が入ってきません

そのため、このようなケースでも Virtual Link が有効です。

ちなみに、Area 0 以外のルートが分断されても(Area 0 を跨いで重複しても)特に問題は発生しません。LSA Type3 は Area 0 からはどの Area にも行けるためです。Area の番号は、0 かそれ以外かだけを押さえていればよい、ということです。