【図解/OSPF】LSA Type7 (NSSA External LSA)のフォーマットと詳細

OSPFv2 において使われる LSA Type7(NSSA External LSA) のフォーマットを以下に示します。 LSA Type5 と同じフォーマットになります。

意味合いが異なるフィールドは Forwarding Address のみで、他のフィールドは Type5 と同一になります。

Forwarding Address には、再配布する ASBR の中で OSPF が有効になっているインタフェースのIPアドレスが入ります。

OSPF が有効になっている Loopback アドレスがあれば、それが優先され、複数ある場合は一番高いIPアドレスが優先されます。 例えば以下の構成の場合、R3 の Loopback 0 インタフェースのIPアドレスがセットされます。

もし Loopback アドレスで OSPF が有効になっていない場合は、例えルータIDになっていてもそれは採用されず、 10.0.35.3 がセットされます。

この Type7 は Area0 に入るタイミングで Type5 に変換されます。先ほどの構成例の場合、R1 の Type5 は下記のようになります。

ここで R3 の Loopback アドレスを Area23 から Area0 で止めることを考えます。Ciscoの場合は R2 で「filter-list」や 「area 23 3.3.3.0 255.255.255.0 not-advertise」を設定して止めます。すると R1 では、ルーティングテーブルから 3.3.3.0/24 だけでなく、4.4.4.0/24 も消えてしまいます。4.4.4.0/24 の LSA type5 が LSDB にあるにも関わらずです。

これは Forwarding Address があるのに、その Forwarding Address までのルート情報が無いためです。 この場合は、Forwarding Addressを0.0.0.0にする必要があります。そうすることにより、前の記事の通り、ルートが伝わってきたR2 を NextHop としてセットします。

Cisco の場合は R2 で以下コマンドを打ちます。

area 23 nssa translate type7 suppress-fa

これにより、R2 で Type7 から Type5 へ変換する際に Forwarding Address を 3.3.3.3 から0.0.0.0 へ変換することができ、R1 のルーティングテーブルに、 3.3.3.0/24 だけを消し、4.4.4.0/24を載せることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする