光ファイバのEthernet規格の種類と距離、芯数、コア径等

スポンサーリンク

光ファイバを使ったEthernet規格は、その種類と利用する光ケーブルによって速度と距離が異なります。その違いを以下の表にまとめます。光ファイバの芯数は、特に断り書きが無い限りは2芯になります。

IEEEEther速度距離
OM1OM2OM3OM4OS1/OS2
802.3ba100GBase-SR10100Gbps--100m(24芯)150m(24芯)-
100GBase-LR4100Gbps----10km
100GBase-ER4100Gbps----40km
40GBase-SR440Gbps--100m150m-
40GBase-LR440Gbps----10km
802.3ae10GBase-SR10Gbps33m82m300m550m-
10GBase-LR10Gbps----10km
10GBase-ER10Gbps----40km
10GBase-LX410Gbps-300m300m300m10km
802.3z1000Base-SX1Gbps275m550m800m800m-
1000Base-LX1Gbps-550m550m550m5km
1000Base-ZX1Gbps----
802.3ah1000Base-BX1Gbps----10km(1芯)
1000Base-LX101Gbps----10km
802.3u100Base-FX100Mbps2km2km2km2km20km(1芯)

マルチモードファイバ(MMF)

MMFの代表的な種類は以下の4つです。

種類コア径全モード励振帯域限定モード励振帯域
波長850nm1300nm850nm
OM162.5μ200500-
OM250μ500500-
OM350μ15005002000
OM450μ35005004700

前述の通り、既存のMMFを流用して10GBase-SRを使うときにはOM1やOM2には気を付けましょう。300m使えると思っていたら、、なんてことになります。(体験談)

シングルモードファイバ(SMF)

SMFの代表的な種類はOS1とOS2の2種類です。どちらもコア径は8~9μmで、各規格で利用できる距離も同じです。違いはOS2のほうが減衰率が低く、それゆえOS1は屋内、OS2は屋外、という使い分けがなされています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする