デスティネーションNAT TCP Load Balancing

ciscoのip nat inside destinationコマンドでは、TCP Load Balancing機能のみが提供されます。

Ciscoには「ip nat inside destination static」コマンドはありません。これは結局「ip nat inside source static」コマンドと同じ意味になるからです。

同様に「ip nat outside destination」コマンドもありません。「ip nat outside source」コマンドと同じことしかできないからです。

ip nat inside destinationコマンドでは、以下のような設定のみが使えます。

(config)# access-list 1 permit host 192.168.3.100<
(config)# ip nat pool LBPOOL 192.168.3.1 192.168.3.3 prefix-length 24 type rotary
(config)# ip nat inside destination list 1 pool LBPOOL

NAT poolを作る際の「type rotary」はラウンドロビンで192.168.3.1~192.168.3.3を使っていくことを意味します。

上記設定により、以下のような動作になります。

ルータでNAT変換が行われるたびに、宛先IPがラウンドロビン方式で順番に変わっていきます。これによりサーバの負荷分散が行えるというわけです。

この機能は今日のロードバランサの先駆け的な機能ですが、ロードバランサと比較すると利用価値はとても低いです。主な欠点は以下です。

  1. 同一ユーザにおいては同一サーバにアクセスし続けるのが望ましいケースがしばしばあるが、それができない
  2. サーバが1台故障した際も故障検知ができず、3回に1回は故障サーバへ接続しにいってしまう

負荷分散を行いたいときはちゃんとしたロードバランサ(負荷分散装置)の導入を検討しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする