【ブロードキャストアドレス】の種類と使い方~リミテッドとディレクティッドの違い, 等~

IPのブロードキャストには2種類あります

1つがリミテッド・ブロードキャスト、もう1つがディレクティッド・ブロードキャストです。

リミテッド・ブロードキャスト

宛先IPアドレスが255.255.255.255となるものです。この場合、L2の宛先MACアドレスはffff:ffff:ffff全てがFになります

ディレクティッド・ブロードキャスト

こちらはIPアドレスのNWアドレス部をそのままに残し、ホスト部を全て1にしたアドレスです。192.168.1.0/24のディレクティッド・ブロードキャストは192.168.1.255です

さて、ここでよく勘違いされることがあるのですが、192.168.1.0/24のルーティング設定されている機器で、192.168.1.255はデフォルト設定でルーティングできるのでしょうか?

正解は「できる」ですついでに言えば、192.168.1.0もルーティングされます。正確には、192.168.1.0/24が直結している機器"以外"であれば、ルーティングされます。

というのも、ルーティングで書かれる192.168.1.0/24 というのは必ずしもその先に192.168.1.0/24のセグメントが存在することを示していません。場合によってはその先に192.168.1.0/25と192.168.1.128/25の2つがあるかもしれません。

スポンサーリンク

仮に上記の通り/25のアドレスが2つあったとすると、192.168.1.127がディレクティッド・ブロードキャストアドレスになりますが、そんなことルーティングする機器は知らないですよね?192.168.1.128も同様です。NWアドレスですが、そんなこと192.168.1.128/25のNWが直結している機器じゃないと知りえないんです。

つまり、ルーティングで 192.168.1.0/24 NextHop: ~~ と書かれていてもあくまで「192.168.1.0~192.168.1.255に行きたいなら~~のルートを通りな」ということしか示していないのです。

192.168.1.0/24に直結している機器がある場合は、そこでL2の宛先MACアドレスがffff:ffff:ffffとなり、ブロードキャストされます。

ip directed-broadcast

例えばFastEthernet 1/1 に192.168.1.1/24というアドレスが振られていたとします。

そこに以下の設定を加えます。

(config-if)# ip directed-broadcast

すると、192.168.1.255 というディレクティッド・ブロードキャストアドレスがルーティングされてきた際に、192.168.1.0/24に対してブロードキャストします。

これはよくWAKE on LAN で使われるものです。

セキュリティ上はあまり宜しくないですが(DoS攻撃のリフレクターとして動作しうる)、使い方によってはとても便利なものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする