【図解】ロンゲストマッチの原則(ルーティング最優先ルール)とデフォルトルートの関係

ロンゲストマッチで実現できること

以下のようなネットワークを考えます。

Router4の後ろ側には10.1.2.0/24 - 10.1.255.0/24の範囲があり、これらのネットワーク宛の通信は Router2を経由させたいと思っています。このような場合、1つ1つネットワークアドレスを書くよりも、 10.1.0.0/16というネットワークにまとめてしまい、Router1で10.1.0.0/16宛のスタティックルートとして NextHopをRouter2に設定するほうがスマートです。

一方、Router3とRouter4の間のネットワークは10.1.1.0/24で、このネットワークはRouter1からはRouter3を経由したほうが近いので、NextHopをRouter3に向けたいと思っています。

しかし、この10.1.1.0/24は先ほど記載したスタティックルートの10.1.0.0/16の範囲に含まれておりこのままではRouter1からRouter2に転送されてしまいます

このような場合、ロンゲストマッチという原則(ルール)により、図のようなスタティックルートを書くことで 解決できます。

ロンゲストマッチとは?

このロンゲストマッチというのは、より細かいネットワーク(プレフィックス長がロンゲストのネットワーク)のルート情報を優先的に有効にする、というルールです。

10.1.0.0/16よりも10.1.1.0/24というネットワークのほうが細かいため、優先され、例えば10.1.1.50宛のIPパケットが 来たときはRouter3に転送することができます。

なお、ロンゲストマッチはAD値より優先されますAD値とはアドミニストレーティブ・ディスタンス値のことです

デフォルトルート

『ルーティング時のパケット破棄の原因』で説明した通り、ルーティングテーブルに無い宛先IPのパケットが来ると、 ルータはそのパケットを破棄しますが、現実にはそれはあまり起こりません

先ほどのロンゲストマッチを応用した、デフォルトルートというものがたいていあるからです。

デフォルトルートとは宛先ネットワークが0.0.0.0/0となっているもので、これは全てのIPが含まれます

このデフォルトルートを記載すると、パケットの宛先IPとルーティングテーブルを見比べて、なかなかルート情報がなくても、最後には必ずこのデフォルトルートに引っかかります

実世界ではインターネットの出口へのルートをデフォルトルートで書いていくことがほとんどです。

例えば、先ほどの図で、ルータ3の先にインターネットが繋がっている場合、下図のように構成することができます。

ロンゲストマッチを原則化する理由は、このデフォルトルートの考え方に起因すると言って良いでしょう

S* の * は、デフォルトルートを示します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする