【図解】TCPの状態遷移 〜Listen、Establish、FIN Wait等〜

TCP には、ホストがどのような状況であるかを示す"状態(State)"という属性を持ちます。

例えば、TCP コネクションが確立され、データ通信ができる"状態"をEstablishedと呼びます。

下図は、TCP の状態遷移図です。

SYN を最初に送信するホストをクライアント、SYNを最初に受信するホストをサーバ、 FINを最初に送信するホストを Active Close ホスト、FIN を最初に受信するホストを Passive Close ホスト と呼びます。(FIN はクライアント、サーバのどちらからでも最初に送ってよいとされています。)

TCP状態の確認

TCP の状態を確認するには、Windows であればコマンドプロンプトで netstat -n コマンドを、Linuxであればシェルで ss コマンドを使います。以下は Windows の例です。

Linux の場合は ss コマンドを使います。以下を参照下さい。

linux【ss/netstat】コマンドの見方/オプション~Recv-Q/Send-Qやポート確認(Listen/Estab/Unconn),プロセス表示等~
linux【ss/netstat】コマンドの見方/オプション~Recv-Q/Send-Qやポート確認(Listen/Estab/Unconn),プロセス表示等~
ss コマンド (旧 netstat コマンド) とは ss は socket...

TCP/UDP の勉強については、以下の書籍がお薦めです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする