無線LAN (Wi-Fi)

【初心者向け/wifi】電波強度 RSSI とノイズ比 SNR の見方と基準,目安

RSSI と SNR の目安

RSSI の目安は -70 dBm 以上、SNR の目安は 20 dBm 以上です。

RSSI とは?SNR とは?

RSSI とは電波の強さ

RSSI (Received Signal Strength Indicator) は電波の強さ (つまり電波の振幅の大きさ) を示す値です。単位は dBm (デシベルミリワット) です。

大きいほど信号強度が強く、通信を行うのに適している状態です。

WiFi で電波調査等を行うときに使われますが、分かりにくいことにだいたい [ -120 ~ -30 ] の値を使うため、0 に近いほど大きい (= 電波が強い) ということになります。

マイクロソフトは win32 API において [wlanSignalQuality] という無線の接続品質をパーセンテージで示す指標を設けています。

それによると、-100dBm では 0%、-50dBm では 100% となっています。つまり -50dBm 以上であれば全く問題ない、と解釈できるでしょう。

WLAN_SIGNAL_QUALITY is of type ULONG. This member contains a value between 0 and 100. A value of 0 implies an actual RSSI signal strength of -100 dbm. A value of 100 implies an actual RSSI signal strength of -50 dbm. You can calculate the RSSI signal strength value for wlanSignalQuality values between 1 and 99 using linear interpolation.

引用元: https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/win32/api/wlanapi/ns-wlanapi-wlan_association_attributes?redirectedfrom=MSDN

電波が強いのに繋がらないときは SNR を疑う

とても大事なことなのですが、実はネットワークの接続品質は RSSI だけでは語れません。ノイズ (Noise) がある場合は通信を阻害されてしまうためです。

SNR (Signal Noise Rate) とは、「①接続している SSID」と「その他の SSID や Wifi 以外の同一周波数帯の電波」の強さの比率を示しています。(dBm は対数であるため比ではなく差となる)

例えば Android 端末であればフリーアプリ「WiFi Analyzer」を使って電波状況を確認できますが、以下のようになっていたとします。

よく、『電波は強いのに繋がらない』『電波は強いのにプチプチ再接続する』といった場合は、SNR が小さい、つまり電波干渉が起きている可能性が高いでしょう。

一般的な無線コントローラソリューションでは『無線 AP 間で互いに電波を検出し、自動でチャネル調整を行う』といったことができますが、どうも無線クライアントの電波については考慮されないようです。PC は必要な時に電波出力によってデータ送信をしますが、例えば以下のようなケースでは PC の電波が隣の PC に干渉を引き起こす「さらし端末問題」が起こり得ます。

このあたりの詳細については以下も併せてご参照下さい。

【図解/wifi】初心者向け CSMA/CA と CTS/RTS の仕組み ~隠れ端末問題とさらし端末問題~
CSMA/CA の仕組み、CDとの違い 無線クライアントはコリジョンを極力回避...

RSSI は Windows 右下のアンテナ表示や、スマホ上部のアンテナ表示で視覚的に分かるのですが、SNR については無線コントローラで状態を見たり、現地で電波調査をしてみないと分かりません。(前述の通り、無線コントローラ上では無線 AP 間での電波しか見られませんので、クライアント間の干渉については図のようなケースを念頭に、もう少し現場での実態を見る必要があります。)

これらの事象が起きている場合は「チャネルボンディングを外してチャネル数を増やす」「持ち込みの Wifi ルータやテザリングを停止する」といった対策が考えられます。

RSSI と SNR のベンダ評価基準

RSSI の基準値については、サイトサーベイソフトで有名な [inSSIDer] のメーカ metageek.com と Microsoft が以下の基準を示しています。

RSSImetageek.com の基準Microsoft の基準
評価信号品質
-30非常に強い (Amazing)-
-50-100%
-67とても強い (Very Good)66%
-70強い (Okay)60%
-80弱い (Not Good)40%
-90使えない (Unusable)20%
-100-0%

また、SNR については Cisco が wireless-nets.com のリンクを使い、以下のような基準を示しています。

SNR
(dBm)
wireless-nets.com の基準Cisco の基準
評価一般通信
の推奨値
音声通信
の推奨値
40以上非常に速い (lightening fast)20 以上25 以上
25~40とても速い (very fast)
15~25たいてい速い (usually fast)
10~15ほとんど遅い (mostly slow)
10以下使えない (no go)

コメント

タイトルとURLをコピーしました