HPスイッチのファームアップデート方法(HP5130の例)

HPEサイトからのファームウェアのダウンロード

HPE スイッチのファームウェアは以下からダウンロードできます。

https://h10145.www1.hpe.com/Downloads/ProductsList.aspx?lang=&cc=&prodSeriesId=

『Enter product number or description』に製品名や型番を入力し「Search」ボタンを押下します。

FTPサーバからのファームウェアのダウンロード

ダウンロードした zip ファイルを解凍し、中の .ipe ファイルを、FTP サーバ (対象 HPE スイッチからアクセス可能なもの) へ配置します。

HPE スイッチから以下コマンドで FTP でダウンロードします。(FTP サーバが 10.0.0.1 の場合の例)

<HP> ftp 10.0.0.1
User (10.0.0.1:(none)): user1
Password:
230 User logged in
ftp> dir
ftp> get ***.ipe
ftp> bye

次回起動時のファームウェアの指定

以下コマンドにより、次回起動時のファームを指定します。

<HP> boot-loader file flash:/***.ipe all main

リブート

リブートします。

<HP> reboot

起動後のconfig確認

<HP> display current-configuration
<HP> display default-configuration

ファームアップによりdefault値が変わることがありますので、ファームアップ前とファームアップ後で "display default-configuration" も比較すると良いでしょう。

IT/インフラエンジニアの地位とスキル向上のために

関連記事

IT 技術の進化はとどまることを知りません。矢継ぎ早に新たな技術が出てきたり、数年前の技術が時代遅れになったりと、IT エンジニアは勉強し続ける運命のようです。 それをどう思うかはあなた次第。 ビジネスの基本は『付加価値を与える[…]

IMG
関連記事

nesuke の考える NW エンジニアの2つの道 ネットワークエンジニアには 2 つの道があります。 1 つはネットワーク構築一筋で、L4 までをひたすらきっちりと構築していく道。 もう 1 つはネットワークを軸として深堀し[…]

IMG