Active DirectoryのDNやSID等の属性を一覧表示,取得できる【属性エディタ】の追加・表示方法

Active Directory の属性エディタ

ActiveDirectory の各アカウントには 様々な属性情報が付随しています。例えばアカウントのユーザ名や表示名、メールアドレスといった基本情報はもちろん、"SID" や "DN"、"アカウントが生成された日時"や"最後に変更が行われた日時"などがLDAP属性として格納されています。

属性エディタはデフォルトでは表示されませんが、以下を実行すればOKです。

【Active Directory ユーザーとコンピューター】で『表示』⇒『拡張機能』をクリック

するとアカウントのプロパティに『属性エディタ』が出現します。DN(Distinguish Name) の確認もご覧の通り。

SIDも確認できます。

ただし、パスワード情報はハッシュ値とはいえセキュリティに関わるものですので表示できません。(少なくともWindows標準機能で確認する方法は無いはずです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする