デジタル証明書の失効

デジタル証明書は秘密鍵情報が漏洩したときなど、セキュリティ的に問題が発生した場合は速やかにその証明書を失効するべきです。

デジタル証明書には「CRL配布ポイント」と呼ばれる情報が入っており、CRLが存在するURLが書かれています。デジタル証明書を検証する際には、ルート証明書までのチェーン構成だけでなく、このCRLで失効されていないかどうかも確認します。

下記Googleの証明書の例で言うと、そのURLは以下のようになっています。

http://pki.google.com/GIAG2.crl

通常このCRLファイルのURLは、httpかLDAP(ldap://~~)かCIFS(cifs://~~)です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする