【初心者向け】ディスクの種類(HDD (SATA/SAS) , SSD)やフォーマット,速度について~

ディスクには色々な種類があります。

HDD(Hard Disk Drive)

単にHDDといっても、現在の主流でもSATA(サタ)、NL-SAS(ニアラインサス)、SAS(サス)の3種類があります。一般に、この順番で安価&低性能です。さらにその中でもHDDの性能指標である回転数も異なります。現状は数年前から15krpm(15,000回転数/分)が限界のようです。これ以上の性能を求める場合はSSDを検討しましょう。

SSD(Solid State Drive)

いわゆるUSBメモリでよく使われる「フラッシュメモリ」です(RAMを使う方式もあるようですが)。ハードディスクと違い、データを探すためのシーク(回転)が不要なため、ランダムアクセスの性能が高いです(シーケンシャルアクセスの性能はそこまで変わりません)。

最近では安価になってきており、導入が広がっています。

ディスク接続の通信速度

SASケーブルでは6Gbps or 12Gbps、SATAケーブルでは3Gbps or 6Gbpsあたりが主流です。NL-SASはSASケーブルを使います。

HDDであってもSSDであっても、接続はたいていSASかSATAになります。

ファイルシステム

HDDは買った状態のままでは使えません。フォーマットという処理によりファイルシステムを構築し、そこにOSをインストールします。

OSがファイルシステムを管理しているのではありません。ファイルシステムを作った後、そこに OS をインストールし、OS からもファイルシステムを見れるようにするのです。

Windows であれば NTFS が使われます。Linux 系であれば ext4 か、最近は XFS になります。VMware ESXi では VMFS という独自のファイルシステムが使われます。

OSとファイルシステムの関係については以下も参照下さい。

【図解】初心者向けファイルシステムの基礎知識〜仕組み, OSとの関係, アクセス権との連携〜
【図解】初心者向けファイルシステムの基礎知識〜仕組み, OSとの関係, アクセス権との連携〜
ファイルシステムの役割、構造、OSとの関係 WindowsからExplorer...

パーティションタイプ

パーティションタイプには主に昔から使われている MBR(Master Boot Recod)、最近主流になりつつある GPT(GUID Partition Table)があります。2TB 以上のボリュームを OS で扱う場合は GPT を選択する必要があります。それ以外に色々と異なる点はありますが、正直使っていてあまり意識することがありません。

サーバの選定時のポイント

サーバにディスクを積む場合は、RAID による冗長化をすることがほとんどです。

なので、SAS、NL-SAS、SATA の必要な容量はそれぞれどのくらいか?RAID レベルをどうするか?を考え、サーバに搭載できるドライブ数と価格面を考慮し、構成を決めます。

仮想化環境などではストレージを別途用意し、サーバと SAS ファイバチャネルIP(iSCSI や NFS)等で接続します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする