ディスク

ディスクには色々な種類があります。

HDD(Hard Disk Drive)

単にHDDといっても、現在の主流でもSATA(サタ)、NL-SAS(ニアラインサス)、SAS(サス)の3種類があります。一般に、この順番で安価&低性能です。さらにその中でもHDDの性能指標である回転数も異なります。現状は数年前から15krpm(15,000回転数/分)が限界のようです。これ以上の性能を求める場合はSSDを検討しましょう。

SSD(Solid State Drive)

いわゆるUSBメモリでよく使われる「フラッシュメモリ」です(RAMを使う方式もあるようですが)。ハードディスクと違い、データを探すためのシーク(回転)が不要なため、ランダムアクセスの性能が高いです(シーケンシャルアクセスの性能はそこまで変わりません)。

最近では安価になってきており、導入が広がっています。

ディスク接続の通信速度

SASケーブルでは6Gbps or 12Gbps、SATAケーブルでは3Gbps or 6Gbpsあたりが主流です。NL-SASはSASケーブルを使います。

HDDであってもSSDであっても、接続はたいていSASかSATAになります。

ファイルシステム

HDDは買った状態のままでは使えません。フォーマットという処理によりファイルシステムを構築し、そこにOSをインストールします。

OSがファイルシステムを管理しているのではありません。ファイルシステムを作った後、そこにOSをインストールし、OSからもファイルシステムを見れるようにするのです。

WindowsであればNTFSが使われます。

Linux系であればext4か、最近はXFSになります。

VMware ESXiではVMFSという独自のファイルシステムが使われます。

パーティションタイプ

パーティションタイプには主に昔から使われているMBR(Master Boot Recod)、最近主流になりつつあるGPT(GUID Partition Table)があります。2TB以上のボリュームをOSで扱う場合はGPTを選択する必要があります。それ以外に色々と異なる点はありますが、正直使っていてあまり意識することがありません。

サーバの選定時のポイント

サーバにディスクを積む場合は、RAIDによる冗長化をすることがほとんどです。

なので、SAS、NL-SAS、SATAの必要な容量はそれぞれどのくらいか?RAIDレベルをどうするか?を考え、サーバに搭載できるドライブ数と価格面を考慮し、構成を決めます。

仮想化環境などではストレージを別途用意し、サーバとSASファイバチャネルIP(iSCSIやNFS)等で接続します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする