【robocopy】のログの見方、エラーコード一覧〜不一致、EXTRAS〜

robocopy のログの見方

コピー済み

コピーが成功したファイル/フォルダの数を意味します。

スキップ

コピーが不要と判断されたため、コピー処理をスキップしたファイル/フォルダの数を意味します。スキップの原因は、デフォルトでは『タイムスタンプとファイルサイズが一致するか』ですが、オプションによっては『コピー先のタイムスタンプが新しい場合はスキップする』といった指定をすることもできます。

不一致

コピー元とコピー先で同じ名前のファイル/フォルダがあるが、それぞれ違う種類になっているファイル/フォルダの数を意味します。(例えばコピー元にtestという名前のファイルが存在し、コピー先にtestという名前のフォルダが存在するようなケース)

失敗

アクセス権拒否などのエラーによりコピーできなかったファイルの数。

Extras

コピー元に無いファイルが、コピー先に存在しているファイルの数を意味します。/MIR オプションを使った場合、削除されるファイルを意味します

robocopy のエラーコード一覧

robocopy を実行すると何かと色々とエラーが出ます。

良く発生するエラーコードについてまとめました。

エラー 2 (0x00000002)

ERROR_FILE_NOT_FOUND 指定したファイルやフォルダが存在しません。

エラー 5 (0x00000005)

ERROR_ACCESS_DENIED ファイルにNTFSアクセス権が与えられていません。

エラー 32 (0x00000020)

ERROR_SHARING_VIOLATION ファイルが別プロセスで利用中のため、robocopyプロセスでアクセス出来ない状態になっています。

エラー 64 (0x00000040)

ERROR_NETNAME_DELETED 指定したファイル共有名(\\[ホスト名 or IP]\[共有名])にアクセスできない状態です。

エラー 87 (0x00000057)

ERROR_INVALID_PARAMETER 指定したファイル共有名にアクセスはできるが、ユーザIDやパスワード等の資格情報が間違って設定されています。

その他のエラーコード

robocopy のエラーコードは実は robocopy 固有のものではなく、"Win32 Error Codes" と呼ばれるWindowsで共有するエラーコードです。

英語の16進数表記ですが、以下サイトで様々なエラーコードが紹介されています。

https://msdn.microsoft.com/en-us/library/cc231199.aspx

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする