オートネゴシエーションに失敗してリンクダウンする

症状

100Mbpsと1Gbpsの接続でオートネゴシエーションに失敗し、すぐにリンクダウンする

原因

おそらく1G側のインタフェースが、10/100/1000BASE-Tではなく、1000BASE-Tのみであるためだと思われます。

原因詳細

SFPスロットに1000BASE-TのSFPモジュールを追加する場合、そのモジュールが10/100BASE-TXには対応していないケースがあります。

また、SFP+スロット10/100/1000BASE-T対応と明記されているモジュールを追加する場合であっても、スロット側で10/100BASE-TXには対応していないケースがあります。(例えばAlaxalaではそうなっている)

このようなケースではAuto-Negotiationに失敗し、リンクアップしません。

対策

  • 同じスイッチに10/100/1000のポートが空いてるならそのポートを利用、空いておらずかつそのリンクが1Gbpsなら、差し替えを検討
  • 間に10/100/1000BASE-T対応のスイッチを噛ませる

IT/インフラエンジニアの地位とスキル向上のために

関連記事

IT 技術の進化はとどまることを知りません。矢継ぎ早に新たな技術が出てきたり、数年前の技術が時代遅れになったりと、IT エンジニアは勉強し続ける運命のようです。 それをどう思うかはあなた次第。 ビジネスの基本は『付加価値を与える[…]

IMG
関連記事

nesuke の考える NW エンジニアの2つの道 ネットワークエンジニアには 2 つの道があります。 1 つはネットワーク構築一筋で、L4 までをひたすらきっちりと構築していく道。 もう 1 つはネットワークを軸として深堀し[…]

IMG