タグVLAN と ネイティブVLAN (PVID)、デフォルトVLAN、tagged/untagged の違い

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タグVLAN とは

タグVLAN (Tag VLAN) とは、複数のVLANを1本のLAN接続だけで複数スイッチ間で共有できる技術です。IEEE802.1q という規格で規定されており、VLAN IDは 1~4094が使えます

具体的な例として、スイッチ同士を接続するポートに trunk port (トランクポート。 tag portと呼ばれたりします) の設定を入れて接続します。するとそのリンク(トランクリンク)はVLAN ID 情報を含む Tag を付けて通信するようになります

スポンサーリンク

例ではVLANが3つだけですので、各VLAN1本ずつ、系3本のスイッチ間接続をする、という構成も可能です。しかし例えばこれが、VLANが20個あったとしたらそれだけでポートを20ポートも消費してしまいます。このようなケースでも、タグVLAN を使えば1ポートだけで20個のVLANを共有できます。

Native VLAN (PVID) とは

Native VLAN とはトランクポートの中で、タグを付けないVLAN ID のことを差します。デフォルトVLAN や PVID (Port VLAN ID) も同じ意味です。

この Native VLAN も IEEE802.1q の規格で決まっており、各トランクポートで1つだけ、この Native VLANを指定することができます。デフォルトではVLAN ID=1が Native VLAN になっています。

スポンサーリンク

例に示した通り、Native VLAN はトランクリンクの両端で揃える必要があります(スイッチの全トランクポートでそろえる必要はありません)。

もし揃えないと、例の右側の「悪い例」のように、VLAN1の通信がVLAN2に混入したりと、論理構成に捻じれが発生したりします

accessポート、trunkポートとtagged, untaggedについて

メーカによっては、accessポート、trunkポートという括りがなく、単純にポート単位でtagged、untaggedのVLAN IDを指定するスイッチもあります。

例えば以下のような対応になります。

access, trunk tagged, untagged
access vlan=10 untagged=10
trunk vlan=10,20 tagged=10,20
trunk vlan=20(native vlan), 30,40 untagged=20, tagged=30,40

Native VLAN をタグ付きで受信した場合の挙動

Native VLAN や untagged に指定したVLANを、タグ付きで受信した場合の挙動は、メーカによって異なります

例えば、Native VLAN=10 に設定したポートで、タグ付きのVLAN 10を受信した場合、通常のVLAN=10として許可する場合もありますし、破棄されてしまう場合もありますので、もしそのような構成をする場合は事前に確認が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク