Pingの乱れ打ち@windows

Pingを打ちまくりたい

NW エンジニアのはしくれなら、誰しも一度はそう思う時があると思います。

Exping などのツールを入れるのもいいのですがちょっとめんどい。そんなときにはコマンドプロンプトで Ping を乱れ打ちする術があるのです。

例えば 192.168.*.1 で *を0から255まで入れて打ちたい!なんてときはこう。

C:\> for /l %a in (0,1,255) do ping -w 1 -n 2 192.168.%a.1

これでOK。

【よくわかる解説】

%a には 0 から 1 ずつ増えて 255 に達します。その間、

C:\> ping -w 1 -n 2 192.168.%a.1

を実行する、というもの。

ちなみに -w 1 は Timeout 1秒、-n 2 は2回実行、という意味。

IT/インフラエンジニアの地位とスキル向上のために

関連記事

IT 技術の進化はとどまることを知りません。矢継ぎ早に新たな技術が出てきたり、数年前の技術が時代遅れになったりと、IT エンジニアは勉強し続ける運命のようです。 それをどう思うかはあなた次第。 ビジネスの基本は『付加価値を与える[…]

IMG
関連記事

nesuke の考える NW エンジニアの2つの道 ネットワークエンジニアには 2 つの道があります。 1 つはネットワーク構築一筋で、L4 までをひたすらきっちりと構築していく道。 もう 1 つはネットワークを軸として深堀し[…]

IMG