Windowsクライアントのコマンドプロンプトでtelnetを利用する方法

クライアントOSでもサーバOSでも、Windows には『telnet クライアント』の機能がついています。ですが、デフォルトでは有効になっていないため、有効にする手順を示します。

windowsクライアントへのtelnetクライアントのインストール

まずは

コントロールパネル ⇒ プログラム ⇒ プログラムと機能

と辿り、「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。

次に『Telnet クライアント』のチェックボックスにチェックを入れ OK を押下します。

閉じるを押下します

以上でコマンドプロンプトから telnet が使えるようになります。サーバ OS でも「役割と機能」の機能からインストール可能です。再起動は不要です。

IT/インフラエンジニアの地位とスキル向上のために

関連記事

IT 技術の進化はとどまることを知りません。矢継ぎ早に新たな技術が出てきたり、数年前の技術が時代遅れになったりと、IT エンジニアは勉強し続ける運命のようです。 それをどう思うかはあなた次第。 ビジネスの基本は『付加価値を与える[…]

IMG
関連記事

nesuke の考える NW エンジニアの2つの道 ネットワークエンジニアには 2 つの道があります。 1 つはネットワーク構築一筋で、L4 までをひたすらきっちりと構築していく道。 もう 1 つはネットワークを軸として深堀し[…]

IMG