WindowsでIPアドレスやDNSサーバを変えたいときのショートカット

IPアドレスを変えたい、DNSサーバを変えたい、なんてとき、ありますよね。そんなときはこのショートカットの出番。

「ネットワーク接続」のショートカット

  1. Windowsキー + R
  2. ncpa.cpl [Enter]

これだけで「ネットワーク接続」が表示されます。

IPアドレスとDNSサーバを変更するコマンド

でも「ネットワーク接続」からだと手動が多いのが手間。検証環境などでは頻繁にIPアドレスやDNSサーバを変更したいときがありますよね。そんなときはもっと簡略化したい。そんなときはコマンドで変えるのがよい。

  1. Windowsキー +R
  2. cmd [Enter]
  3. netsh interface ip set address "ローカル エリア接続 1" static 192.168.1.200 255.255.255.0 192.168.1.1
  4. netsh interface ip add dns "ローカル エリア接続 1" 8.8.8.8
  5. netsh interface ip add dns "ローカル エリア接続 1" 8.8.4.4 index=2

コマンドプロンプトを立ち上げっぱなしにしておけば、↑キーのヒストリから簡単に再実行できるし、何なら.batファイルで切り替えようのバッチを作るもよし。

IT/インフラエンジニアの地位とスキル向上のために

関連記事

IT 技術の進化はとどまることを知りません。矢継ぎ早に新たな技術が出てきたり、数年前の技術が時代遅れになったりと、IT エンジニアは勉強し続ける運命のようです。 それをどう思うかはあなた次第。 ビジネスの基本は『付加価値を与える[…]

IMG
関連記事

nesuke の考える NW エンジニアの2つの道 ネットワークエンジニアには 2 つの道があります。 1 つはネットワーク構築一筋で、L4 までをひたすらきっちりと構築していく道。 もう 1 つはネットワークを軸として深堀し[…]

IMG