LSA Type4(ASBR Summary LSA)

OSPFv2において使われるLSA Type4(Network Summary LSA)のフォーマットを以下に示します。 LSA Type4のフォーマットは、Type3のフォーマットと同一になります。

LSAヘッダのLink State ID

外部ルートを再配送したルータ(ASBR)のルータIDが入ります。 Type3ではNetworkMaskだったエリアはType4では利用しないため、0で埋まっています。

メトリック

そのASBRまでのメトリックが入ります。

ToSとToSメトリック

LSA Type1と同様です。

LSA Type4は何をするものなのか?

LSA Type4の存在意義は、LSA Type5(OSPF外にある外部ルート)のメトリックタイプが1の場合のみにあります。 メトリックタイプが2の場合も生成はされますが、利用はされません。

次のページでの説明になりますが、LSA Type5は伝達する際にコスト加算がされません。それを補うのが LSA Type4です。

LSA Type5が生成されたエリア内には、"E"bitが立っているLSA Type1が存在します。 なので、エリア内ではこのルータIDまでのコストを加算することで、外部ルート(メトリックタイプ1)の コストを計算することができます。

しかしLSA Type5がそれが生成されたエリアから他のエリアに伝達される場合、"E"bitの立っているType1は 伝達できないため、伝達先のエリアでコスト計算ができません。

そこで、ABRは"E"bitが立っているLSA Type1を元にLSA Type4を生成し、LSA Type5と一緒に伝達します (LSA Type5は何も情報を変えずそのまま伝達します)。

以下の例で、LSA Type 4~5が生成されるルータを示します(LSA Type1~3の生成については非表示ですが、 R4のE bitの立ったLSA Type1だけは表示しています)。 あくまでLSAを生成するルータのみを示しています。生成されたLSAはエリア内、エリア外に伝達されますが、 この絵ではそこまでは表現されていません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする