【図解/OSPF】LSA Type3 (Network Summary LSA)のフォーマットと詳細

OSPFv2 において使われる LSA Type3(Network Summary LSA) のフォーマットを以下に示します。

LSA Type3 は ABR がエリア外にルート情報を渡す際に利用します。もう少し具体的に言うと、Area0 と Area1 の境界の ABR があったとして、Area0 の LSA Type1 と Type2 から生成されたルート情報を、Area1 に LSA Type3 という形に変換して情報を配信します

OSPF ではエリア内のルートは Type1 と Type2 を使って頑張って詳細地図を作りますが、エリア外のルートはディスタンスベクタ型として動作し、コスト情報のみを扱う Type3 で手抜きします

同様に、Area1 の LSA Type1 と Type2 から生成されたルート情報を、Area0 に LSA Type3 として情報を配信します。

LSA ヘッダの Link State ID

Type3 の場合はルート情報として伝達するNWアドレスが入ります。

Network Mask

Link State ID の NWアドレスのサブネットマスクを表現します。

メトリック

そのNWアドレスの Advertising Router (LSA type3の生成ルータ=ABR) からそのNWアドレスまでのコストが入ります。この値は伝播中に変化しません。

複数の ABR が同じNWアドレスの type3 を流している場合は、LSA type3 のコスト(メトリック)と、その生成ルータまでのコストを足し算したものを比較し、近いほうをルーティング情報として採用します。

ToS と ToS メトリック

LSA Type1 と同様です

LSA Type1~3 が生成されるルータ

以下の例で、LSA Type 1~3 が生成されるルータを示します(LSA Type4、Type5の生成については非表示です)。 あくまで LSA を生成するルータのみを示しています。

生成された LSA はエリア内に伝達されます(LSA Type3は さらにエリアを越えて伝達されます)が、この絵ではそこまでは表現されていません。

Totally NSSA エリアにおいては R3 で通常の LSA Type3 の代わりに、デフォルトルートのLSA Type3 が生成されます

また、LSA Type3~5 は Area0 を経由しないとエリアを跨げません。しかし Virtual Link により R3 上に Area0 ができているので R3 は Area34 の情報を Area23 に渡すことができます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする