LSAckパケット

LSAckパケットのフォーマット

OSPFv2において使われるLink State Acknowledgement(LSAck)パケットのフォーマットを以下に示します。

最初の6行(192bit=24Byte)は全てのLSA Typeで共通のOSPFパケットヘッダです。

7行目以降を見ていきます。

LSA Headers

相手から受信したLSAのヘッダ情報を相手に送信し、受信した旨を伝えます。

OSPFの信頼性

OSPFでは、TCPのような信頼性を保つために、パケットの受信を相手側に伝える仕組みがありま

相手からのHelloパケットに対しては、相手のルータIDを含めてHelloパケットを送り返します

DBDパケットについては、互いに空のDBDを送り合って送信を始め、その後はシーケンス番号で管理します。

LSRパケットは特にありませんが、その後に相手からLSUが来るはずなので、LSUが来なかったらLSRを再送します。

そしてLSUパケットに対して、LSAckで受信を伝えます。前述の通り、これはExplicit Ackと呼ばれるもので、 場合によってはLSUパケットに対して、LSUパケットで応答するImplicit Ackと呼ばれるものを使う場合もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする