【図解/OSPF】Point-to-Point トポロジのメリット・特徴

P2Pトポロジ(point-to-point, point-to-multipoint, point-to-multipoint non-broadcast)においては、DBD のマスター/スレーブの選出は必要なものの、DR/BDR の選出はありません。なのでWait Timer の40秒を待つことなく、速やかに LSA の交換に移れるのが大きなメリットです

Hello でお互いにネイバーが張れている(2WAYとなっている)ことを確認できたら、DR/BDR選出プロセスを経ず、 マスター/スレーブの選出プロセスに入り、その後 LSA 情報を交換します。

DBD のマスター/スレーブの選出プロセスの詳細はここを参照して下さい。

また、P2P トポロジの中で、point-to-pointについては特に大きな特筆点はありませんが、 point-to-multipoint と point-to-multipoint non-broadcast については、大きな特徴が2つあります。

1つ目は、インタフェースのIPアドレスを/32のサブネットマスクとしてLSA情報を生成することです。具体例として、以下の図を参照下さい。

各ルータのルーティングテーブルを見ると分かる通り、対向ルータの直結IPが /32 で見えています(赤字部分)。 なお、point-to-point においては、OSPFによって /32 の情報を渡されることはありません。

2つ目は、NextHop がネイバーに書き換えられることです。これも先程の図の緑字部分を見ると分かりますが、 R2からR3へのルートはR1を経由する必要があり、NextHopはR1となっています。

これを最初に見ると当たり前のように見えますが、ネットワークタイプをbroadcastに変えてみると、違いが明らかになります。

以下の図をご覧下さい。マルチアクセストポロジにおいては、同一セグメント内で自由に通信できるのが前提であり、 R1 は R3 へ情報を渡す際に、NextHop は 10.1.123.3 のままが良いと考え(R2も直接行けるだろうと考え)、ネットワークタイプを (point-to-multipoint ではなく) broadcast にしてしまうと、NextHop 情報はそのままを渡してしまい、通信不可となります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする