【図解/OSPF】マルチアクセストポロジ(broadcast, multi-access)の特徴

broadcast や non-broadcast といったマルチアクセストポロジでは、 全てのルータがお互いにLSAの情報を交換し合うよりも、 1つのルータが取りまとめ役となってそれ以外のルータから情報を集め、 まとめた情報を周知したほうが効率的です。

なので、まずは取りまとめ役(Designated Router:以降DR)を選定すると同時に、 その取りまとめ役がDownしたときに速やかにその役割を引き継げるように DRのバックアップ(Backup Designated Router:以降BDR)を選定します。

DR には、OSPF の Router priority値(Ciscoの場合、Default値=1)が高いルータが選ばれます。 Router priority値が同じ場合は、ルータIDの高いルータが選ばれます。

BDR は上記と同様のルールで、DR の次に Router priority 値が高い、もしくはルータIDの高い ルータが選ばれます。

ただし、Router Priority値が0の場合は DR にも BDR にも選ばれないので、 そのセグメントの全ルータで Router Priority が 0 の場合は OSPF が機能しませんので 注意して下さい。

IT/インフラエンジニアの地位とスキル向上のために

関連記事

IT 技術の進化はとどまることを知りません。矢継ぎ早に新たな技術が出てきたり、数年前の技術が時代遅れになったりと、IT エンジニアは勉強し続ける運命のようです。 それをどう思うかはあなた次第。 ビジネスの基本は『付加価値を与える[…]

IMG
関連記事

nesuke の考える NW エンジニアの2つの道 ネットワークエンジニアには 2 つの道があります。 1 つはネットワーク構築一筋で、L4 までをひたすらきっちりと構築していく道。 もう 1 つはネットワークを軸として深堀し[…]

IMG