マルチアクセストポロジの特徴

スポンサーリンク

broadcastやnon-broadcastといったマルチアクセストポロジでは、 全てのルータがお互いにLSAの情報を交換し合うよりも、 1つのルータが取りまとめ役となってそれ以外のルータから情報を集め、 まとめた情報を周知したほうが効率的です。

なので、まずは取りまとめ役(Designated Router:以降DR)を選定すると同時に、 その取りまとめ役がDownしたときに速やかにその役割を引き継げるように DRのバックアップ(Backup Designated Router:以降BDR)を選定します。

DRには、OSPFのRouter priority値(Ciscoの場合、Default値=1)が高いルータが選ばれます。 Router priority値が同じ場合は、ルータIDの高いルータが選ばれます。

BDRは上記と同様のルールで、DRの次にRouter priority値が高い、もしくはルータIDの高い ルータが選ばれます。

ただし、Router Priority値が0の場合はDRにもBDRにも選ばれないので、 そのセグメントの全ルータでRouter Priorityが0の場合はOSPFが機能しませんので 注意して下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする