【OSPF】ネットワークタイプについて

ネットワークタイプの種類と特徴

OSPFを有効化するインタフェースは、そのインタフェースのタイプによって、 ネットワークタイプを適切に設定する必要があります。

ネットワークタイプの種類と特徴を以下の表に示します。

ネットワークタイプは、Designated Router(以降DR)の選定が必要なマルチアクセス トポロジと、DRの選定が不要なPoint-to-Point(以降P2P)トポロジの 2種類のトポロジタイプに分類されます。

それぞれのトポロジの特徴は以下のリンクを参考にして下さい。

マルチアクセストポロジ

P2Pトポロジ

このトポロジタイプの分類は一般的ではありませんが、OSPFの動作を把握する上でちょっと重要です。というのも、全てのネットワークタイプは、ルート情報を交換する上では関係ありませんが、OSPFの目的である「詳細地図を描く」ためには、接続するOSPFルータは必ず同一トポロジタイプでネイバーを張る必要があるからです。

詳細は、ここで記載します

また、各ネットワークタイプの利用されるインタフェースを以下で紹介します。

non-broadcast

multicastやbroadcastが禁止された状態のFrame-Relayなどの インタフェースで利用されます。

broadcast

Ethernetやmulticast/broadcastの許可された状態のFrame-Relay等の、multicastやbroadcastの使えるインタフェースで利用されます。

point-to-point

HDLCやPPP、frame-relayのpoint-to-point サブインタフェース等の、対向ルータが必ず1つになる インタフェースで利用されます。

point-to-multipoint

Frame-Relayのpoint-to-multipoint等の、あるルータをHUBルータとした、1対多のルータ接続する インタフェースで利用されます。

point-to-multipoint non-broadcast

Cisco独自のネットワークタイプであり、通常のpoint-to-multipoint環境と同様だが、 multicastやbroadcastが使えないインタフェースで利用されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする