固定Global IP 1個(固定IP1)を拡張NATやバーチャルホストで効率的に使う方法

固定Global IP 1個を払い出される場合は、動的Global IP 1個と同じく、PPPもしくはPPPoEの端末型払い出しが使われます。 具体的には、IPCPによって端末(PCもしくはルータ等のNW機器)の接続インタフェースに/32のGlobal IPアドレスが振られます。

固定Global IPの場合は、ISPとの契約が続く限り、PPP(oE)のセッション確立をOFF/ONしても同じGlobal IPが振られます。

拡張NATによる複数サーバへの接続

拡張NATを使うことで、1つのIPアドレスを複数サーバへのアクセスに利用できます。詳細は以下のページをご参照下さい。

NATの拡張変換エントリ extendable
NATの拡張変換エントリ extendable
static NATにおいて、TCP/UDPのポート番号を指定してNAT変換ルー...

バーチャルホストによる複数サイトの作成

Apache等のWebサーバの機能で、「バーチャルホスト」という機能があります。これは、1つのGlobal IPでアクセスしてきても、httpヘッダ内にあるHostフィールドにあるFQDNに応じて見せるサイトを変える、という機能です。これにより、1IPであっても複数のサイトを閲覧させることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする