固定Global IP 8個(固定IP8)の使い方~NAT利用, 使えるアドレス数, IP Unnumbered~

※固定Global IP 8個を例として記載しますが、4つ以上のGlobal IPを払い出される場合でも基本的に同じことが言えます。

4つ以上のGlobal IPの払い出しは、PPPもしくはPPPoEの端末型払い出し、もしくは単純にEthernet払い出し、という2つの方法があります。

PPPもしくはPPPoEの場合、WANインタフェースのIPアドレス設定を IP Unnumberedに設定し、 そのWANインタフェース以外で、IPアドレスが振られている何かしらのインタフェースを指定します。つまり、IPCPでは割り振られません

このとき、WANインタフェースのIPアドレスは指定したインタフェースのIPアドレス/32で借り受けます(重複は許されます)。このあたりの説明も、IP Unnumbered の記事をご参照下さい。

例えば、ISPからA社に1.1.1.0/29のGlobal IPを払い出す場合の構成例を以下に示します。 LAN側のGi 0/1のIPアドレスをPPPoEインタフェースに割り当てています。

この例の場合、1.1.1.0と1.1.1.7が利用することができない(1.1.1.0はNWアドレス、1.1.1.7はBroadcastアドレス)ため、非効率です。

つまり、Global IPをEthernet上に割り当てること自体がGlobal IPの浪費なのです。

ではどうすればよいかというと、NATを使うのです。Global IPを物理的に割り振るのではなく、NATの仮想IPとして扱えば、/32単位で扱うことができサーバを8台までインターネット公開することができます。

PAT用に1つ使いたいのであれば、サーバを7台にし、もう1つをPAT用に設定すればOKです。

また、Ethernetで払い出す場合は、WAN用のIPアドレスを(割り当て用Global IPとは別に)もらい、WANインタフェースに設定するだけでOKです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする