LACPによるActiveポート/Standbyポートの決定方法

LACP では Ethernet を 16 本まで、1 つの LAG に含めることができますが、そのうち Active になるのは 8 本です。残りの 8 本は Standby ポートとなり、Active ポートが疎通できなくなったタイミングで Active に変わります。

Active ポートは、以下のプロセスに沿って決定します。

  1. 優先システム (優先スイッチ) の決定
  2. 優先ポートの決定

優先システムはスイッチ間で、以下の Priority を比較します。いずれも小さいほうが優先度が高いとみなします

1: System Priority (デフォルト 32768)
2: (1が同じ場合) MACアドレス

優先システム (スイッチ) が決まったら、そのスイッチのポートのうち、優先度が高い = Priority が小さいものから 8 つが Active ポートとなります。

1: Port Priority (デフォルト 32768)
2: (1 が同じ場合) Port番号

前述の通り、LACP には以下情報をやり取りしています。

[Actor System Priority と Partner System Priority] 、および、[Actor System と Partner System] の比較で、お互いどちらが優先かを識別できます。その上で、[Actor Port Priority もしくは Partner Port Priority]、および [Actor Port もしくは Partner Port] を見て、どのポートがActiveになるべきかを判断できます。

Ciscoの設定

Cisco においては LACP の Priority の設定は以下のようにします。

System Priority をデフォルトの 32768 から 4096 に変更

(config)# lacp system-priority 4096

Port Priority をデフォルトの 32768 から 4096 に変更

(config)# lacp port-priority 4096

IT/インフラエンジニアの地位とスキル向上のために

関連記事

IT 技術の進化はとどまることを知りません。矢継ぎ早に新たな技術が出てきたり、数年前の技術が時代遅れになったりと、IT エンジニアは勉強し続ける運命のようです。 それをどう思うかはあなた次第。 ビジネスの基本は『付加価値を与える[…]

IMG
関連記事

nesuke の考える NW エンジニアの2つの道 ネットワークエンジニアには 2 つの道があります。 1 つはネットワーク構築一筋で、L4 までをひたすらきっちりと構築していく道。 もう 1 つはネットワークを軸として深堀し[…]

IMG