【図解】LACPのフレームフォーマットとネゴシエーションの仕組み

LACPのフレームフォーマット

LACPのフォーマットは以下の通りです。前述の通り、LACPはSlow Protocol のサブレイヤーとして動作します。LACPDU (LACP Data Unit) とも呼びます。

最初に LACP のバージョン (現行もバージョン1) が入り、後のデータ領域はTLV(Type, Length, Value) 形式で必要な分だけ情報を格納します。

安定時の LACP

LACP により LinkAggregation がうまく確立した後は、KeepAlive として LACP が定期的に流れます。そのときの LACP のフォーマットの例を示します。

Actor とは LACP 送信インタフェース(送信機器)、Partner とは LACP 受信インタフェース(対向機器)、Collector (ロードバランスされたフレームを集める、という意味)とは LACP 対向機器のことです。Terminator は LACP フレーム終了を示します。

なお、LACP 送信機器を Distributer (ロードバランスしてフレームを渡す、という意味)と言います。

IT/インフラエンジニアの地位とスキル向上のために

関連記事

IT 技術の進化はとどまることを知りません。矢継ぎ早に新たな技術が出てきたり、数年前の技術が時代遅れになったりと、IT エンジニアは勉強し続ける運命のようです。 それをどう思うかはあなた次第。 ビジネスの基本は『付加価値を与える[…]

IMG
関連記事

nesuke の考える NW エンジニアの2つの道 ネットワークエンジニアには 2 つの道があります。 1 つはネットワーク構築一筋で、L4 までをひたすらきっちりと構築していく道。 もう 1 つはネットワークを軸として深堀し[…]

IMG