【route add/delete/print】コマンドでWindowsルーティング設定 〜Default Gateway/Static Route〜

デフォルトゲートウェイとは

デフォルトゲートウェイ(Default Gateway)とは、分かりやすく乱暴に説明すると、『IP通信したい相手(宛先IP)の位置や経路がよく分からないときに、とりあえずパケットを投げる先』のことです。略してデフォゲと呼ばれます。

もう少し正確に言うと『宛先IPアドレスが、自身(PC等)に設定されているIPアドレスが所属するネットワークアドレスとは異なる場合(例えば自身のIPが192.168.1.31/24で、宛先が192.168.1.0/24以外の場合)に、パケットをどこに転送すればよいかを設定するもの』です。

以下にデフォルトゲートウェイが必要なケースと不要なケースを示します。

一般的には、端末にはこのデフォゲ以外にスタティックルートを追加しないので、この解釈でほぼ間違いはないですが、もし別途スタティックルートが書かれているのであれば、上記説明の『宛先IPアドレスが、』の後に『スタティックルートに合致せず、』という一文が入ります。

なのでデフォルトゲートウェイを、用語を使って一言で言うと、『端末のスタティックルートで書かれたデフォルトルート』のことです。

デフォルトゲートウェイの設定

PCやサーバにはIPアドレスの設定と一緒に、"デフォルトゲートウェイ"の設定も入れることができます。Windowsの場合、以下の設定画面で設定できます。

Windowsキー+R
⇒ ncpa.cpl⇒ 該当インタフェースを右クリックし、[プロパティ]をクリック⇒ [インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)]をクリックし、プロパティをクリック⇒ [デフォルトゲートウェイ]のIPアドレスを設定

この設定においては、このPCが192.168.11.0/24の範囲外の宛先と通信する場合は、パケットを192.168.11.1に転送します。

具体的にどのように通信するかについては、ここを参照してください

スタティックルート(固定ルート)の設定とルーティングテーブルの見方

PCはデフォルトゲートウェイ以外にもルート情報を持つことができます。これを一般にスタティックルート(Static Route)と呼びます。Windows では『固定ルート』と表示されます。デフォルトゲートウェイも、スタティックルートの一種です。

Windowsではコマンドプロンプトで以下を打つと、IPv4 のルーティング情報が見れます。

route print -4

一番上にある、宛先が0.0.0.0となっているのが先程のデフォルトゲートウェイのことで、ゲートウェイ(NextHop)が192.168.11.1となっています。ここが"リンク上"となっているのは、いわゆる Connected のことで、そのネットワークアドレスに所属する何かしらのIPが、自身のPCに設定されていることを示します。

また、コマンドプロンプトの "route add" コマンドにより、端末にルーティング情報を書くことができます(GUIでは設定できません)。なお、この "route add"設定には再起動は不要です。

端末のルーティング設定に関する詳細は、コマンドプロンプトで"route /?"で確認できます。

Windowsでルート追加を行うには、コマンドプロンプトで以下を入力します。

route add 192.168.1.0 mask 255.255.255.0 10.1.1.1 -p

これにより、192.168.1.0/24へのルートのネクストホップを10.1.1.1に設定しています。最後の -p の意味はpersistent オプションを指しており、再起動してもこのスタティックルート設定を残すオプションです。

削除するには以下を入力します。

route delete 192.168.1.0

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする