【図解】CiscoでStatic routeのネクストホップをinterface指定のみにした場合の挙動

Static ルートの設定において、NextHopIPアドレス出力インタフェースのどちらかを指定します。

シリアルインタフェースや PPPoE の論理インタフェース ( Cisco だと Dialer インタフェース) の Point-to-Point インタフェースの場合、NextHop は出力インタフェースを指定すれば行先は1つに定まりますので、NextHop の IPアドレスは不要です。なお、補足ですが、Point-to-Point インタフェースは ARP を使わないので、/32の IPアドレスip unnumbered の設定(結果やはり /32 の IP アドレスになる)が可能なのです。対向ルータとはセグメントやサブネット長を揃えるがありません。

一方、NextHop のインタフェースがEthernet (Fast, Giga, Ten-Giga 含む)のマルチアクセスインタフェースの場合、通常は NextHop としては IPアドレスを指定します。なぜなら、Ethernet の場合はスター型のため、もし NextHop をインタフェースに指定した場合行先が複数あり、1つに定まらないからです。

ただし、設定が出来ないかというと、可能です。例えば、

ip route 10.1.0.0 255.255.0.0 interfacce GigabitEthernet 0/0

このように設定すると、Static ルートにも関わらず10.1.0.0/16 が GigabitEthernet 0/0 に直結(Connected)したものと見做されます

# show ip route
S 10.1.0.0/16 is directly connected, GigabitEthernet 0/0

例えば先程の例の構成で、Router-A にこの設定がされた場合、Router-A は宛先が 『10.1.1.1』や『10.1.2.254』のパケットを受信した場合、GigabitEthernet 0/0 から ARP Requestを送信し、『10.1.1.1』や『10.1.2.254』のアドレスの MACアドレスを調べます。

もし 10.1.1.0/24 のセグメントが直結する Router-B において、ProxyARPの設定がされている場合、Router-B は ARP に応答しますので、通信が可能です。

一方、もし10.1.2.0/24 のセグメントが直結する Router-C において、ProxyARPが設定されていない場合は、ARP応答しませんので、通信は不可です。

なお、この設定をするのは ARP テーブルが無駄に肥大するため、推奨されません。(特にデフォルトルートは危険です)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする