【図解】ルーティング時のEthernet およびIPヘッダ書き換え

レイヤー2のスイッチングの際には特にEthernetヘッダやIPヘッダの変更はありませんでしたが、 ルーティングをする際には両ヘッダを書き換える必要があります

具体的には、Ethernetヘッダの宛先MACアドレス、送信元MACアドレスが変わります。

また、IPヘッダの生存時間(TTL) Fieldを1つ減らし、それに伴いチェックサムFieldも計算をし直します。 ※送信元IPアドレス、宛先IPアドレスは変わりません。

 

また、上図でもあるように、間にL2スイッチがあっても、たとえそのL2スイッチにIPアドレスが振られていても、 ルーティングに影響することはありません。端末1から送られるEthernetの宛先MACアドレスはL2スイッチではなく、 Router#1になることに注意して下さい。

考え方はこちらを参照して下さい

IT/インフラエンジニアの地位とスキル向上のために

関連記事

IT 技術の進化はとどまることを知りません。矢継ぎ早に新たな技術が出てきたり、数年前の技術が時代遅れになったりと、IT エンジニアは勉強し続ける運命のようです。 それをどう思うかはあなた次第。 ビジネスの基本は『付加価値を与える[…]

IMG
関連記事

nesuke の考える NW エンジニアの2つの道 ネットワークエンジニアには 2 つの道があります。 1 つはネットワーク構築一筋で、L4 までをひたすらきっちりと構築していく道。 もう 1 つはネットワークを軸として深堀し[…]

IMG