ルーティング時のEthernet およびIPヘッダ書き換え

レイヤー2のスイッチングの際には特にEthernetヘッダやIPヘッダの変更はありませんでしたが、 ルーティングをする際には両ヘッダを書き換える必要があります

具体的には、Ethernetヘッダの宛先MACアドレス、送信元MACアドレスが変わります。

また、IPヘッダの生存時間(TTL) Fieldを1つ減らし、それに伴いチェックサムFieldも計算をし直します。 ※送信元IPアドレス、宛先IPアドレスは変わりません。

また、上図でもあるように、間にL2スイッチがあっても、たとえそのL2スイッチにIPアドレスが振られていても、 ルーティングに影響することはありません。端末1から送られるEthernetの宛先MACアドレスはL2スイッチではなく、 Router#1になることに注意して下さい。

考え方はこちらを参照して下さい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする