ルーティングテーブル ~Ciscoの書き方や確認/見方, NextHop等の経路情報~

レイヤー3のNW機器(ルータやL3スイッチ)のメモリには、ルーティングテーブルというルーティング情報を格納するスペースがあります。ルータやL3スイッチはこの情報を元に、入ってきたパケットを適した経路(ネクストホップ)に転送します。ルーティングテーブルはIPアドレス単位でも記述可能ですが、ネットワークアドレス単位で記述するのが一般的です。

ルーティングの設定を入れると、そのルーティングテーブルにその情報が格納されます。NW機器のインタフェースに振られているIPアドレスが所属するNWアドレスは、Connected(直結ネットワーク)として最初からルーティングテーブルに入っています。

ルーティングテーブルはベンダにより表示が異なるため、Ciscoを例に見方を見ていきます。 下記に、スタティックルートを1つ入れたときのルーティングテーブルの例を示します。

ルーティングテーブルの例

C 192.168.0.0/24 is directly connected, FastEthernet0

CはConnected Network、すなわち直結ネットワーク(そのネットワークアドレスに所属するIPアドレスが、そのNW機器に振られていること)を意味します。
192.168.0.0/24はFastEthernet0(Fa0)インタフェースに直接接続されている、という意味です。

C 172.16.0.0/16 is directly connected, FastEthernet1

上と同じく、172.16.0.0/16はFa1に直接接続されている、という意味です。

S 10.0.0.0/8 [1/0] via 172.16.0.2, FastEthernet1

Sはスタティックルートを意味します。

ダイナミックルーティングの場合、RIPならR、OSPFならO、EIGRPならDが表示されます。

[1/0]の表記中の、1はAdministrative Distance、0はMetric(Cost)を意味します。

Administrative Distanceとは、ルーティングプロトコルの信用度のことです。全く同じルート情報違うルーティングプロトコルから伝達された場合、この値が小さいほうの情報を信頼し、ルーティングテーブルに乗せます。デフォルトでは 以下のように決まっています。(Connected以外は設定で変更することも可能です)

プロトコルAdministrative Distance
Connected0
Static1
EIGRP 集約ルート5
BGP(EBGP)20
EIGRP90
IGRP100
OSPF110
IS-IS115
RIP120
ODR160
EIGRP(External:再配送)170
BGP(iBGP)200

Metricはルーティングプロトコルによって考え方が違うのですが、ここでは説明は省きます。Connectedルートの場合は どのような場合も0になります。

"via 172.16.0.2"は、NextHopが172.16.0.2であることを意味し、その次の"FastEthernet1"は送出インタフェースを意味します。NextHopとは、次の行き先のIPアドレスです。

シリアルインタフェースやPPPoE、GRE等の仮想インタフェースといったポイントtoポイント インタフェースの場合は、送出インタフェースが定まれば行き先も定まりますが、FastEthernet等のスター型の インタフェースの場合、送出インタフェースが決まっても、そこからさらに行き先が複数あり得ます。そのため、スター型のインタフェースではNextHopは送出インタフェースだけでなく、IPアドレス も定め、行き先が一意になるようにします。

ネットワーク基礎の勉強については、以下の書籍がお薦めです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする